andGIRL

お金持ちの男は女性のココを見る!坂上忍が伝授する“結婚条件”とは? のメイン画像
andGIRL10月号より
俳優・坂上忍さんが、悩めるアラサー読者の相談に本音で答える『andGIRL』の人気連載「坂上忍の“アラサーガールめった斬り!!”」。
今回の相談は「坂上さんって、とっても理想が高い人なのだろうなぁと思うのですが、結局どんな女性が理想なのでしょうか?どんな相手なら結婚したいって思いますか?私、年上がタイプなのですが、私より年が上って、40代が多くなるのでぜひ参考にさせていただきたいです!社会的地位もお金もある、大人の独身男性が考える、理想の女性が知りたいです。(36歳・メーカー勤務)」。
坂上さんは、そんな女性の相談に対して、こう答えます。
*  *  *
40代も後半になると、正直、理想やタイプなんてなくなる。僕が女性に求めるのはただ1つ、「品」です。じゃあ、「品」って何かっていうと、“イマドキのコ枠”の入らないってことなんだよね。アラサーのみなさんも、20歳くらいの男子と話して「イマドキすぎる……」って引くことあるでしょ?
そういう男とは結婚なんてムリだよね。それと同じで、僕や40代のおじさんもアラサーの方々を「イマドキの若いコ」と感じてるわけ。だから、語尾を伸ばしたり、妙な略語を使ったりせず、“きちんとしたコ枠”に入る見せ方をするだけで、案外コロッと「このコいいな」って結婚対象に入れちゃうだろうね。
反対に「このコないわ」って思うのは、女友だちと電話しているところを聞いてしまったとき。友だち同士だと言葉遣いが、ね。さっきまでのきちんと感が演技だってわかると、本当にガッカリ(笑)。女友だちとの電話は、大人の男の前ではしないように気をつけて!
一方で、イマドキ感もさじ加減次第では不快じゃない。ベースがきちんとしてれば、たまに「オヤジはだからダメなんだよー」とイマドキ感を出されても、「冗談も言えるんだ」って逆に好印象。要は使い分けだよね。
エラい男性と付き合うと、自分の地位もあがったと勘違いする女性もイヤ。下品だよね~。そういうコとは、間違っても結婚しようって気には絶対にならないな。
※『andGIRL』2015年10月号

あわせて読みたい

関連記事