andGIRL

子供の頃勘違いしてた〝あるある〟エピソードまとめ♡ありえないけど笑える話16選 のメイン画像

01 大阪府・29歳

お医者さんに聴診器をあてられると、心の中で考えていることまで聞かれてしまうと勘違いして、できるだけ心の中を無にしていた(笑)。

02 群馬県・35歳

ねぶた祭りを「寝豚祭」だと思っていた。

03 北海道・29歳

相撲の関取=「どこかの席をとる人」だと思ってた。

04 新潟県・26歳

大人になれば、誰でも結婚できると思っていた。現実はキビシイ・・・。

05 茨城県・39歳

天童よしみさんと大山のぶ代さんは同一人物だと思っていた。

06 埼玉県・31歳

棒棒鶏=バンバンジーだと知らずに、「ぼうぼうどり」と読んで、特別な珍しい鶏だと思っていた。

07 宮崎県・33歳

胸は大人になればみんな大きくなると思っていた。

08 愛知県・31歳

東名高速を「透明高速」だと思っていた。

09 茨城県・39歳

人間ドックを受けると「人が犬に変身する」と思って、親のことを心配していた。

10 広島県・31歳

近所にある電波塔はすべて東京タワーだとばかり・・・。

11 東京都・29歳

尾崎豊を「尾崎ゆかた」という浴衣ブランドだと思っていた。

12 大阪府・23歳

冥土の土産は「メイドさんからの土産」だと勘違い。だいぶ違った・・・。

13 愛知県・34歳

キャベツとレタスは同じものだと思っていた。

14 茨城県・29歳

「波浪注意報は、知らない外国人から『ハロー!』と声をかけられないように注意しましょうということだ」と父から言われ、信じてました。

15 三重県・31歳

オーマイガーを「おっぱいだー」と聞き間違えていて、テレビで聞くたびに恥ずかしがっていた。

16 愛媛県・33歳

きくらげは「黄クラゲ」だと思っていた。キノコだと知らず。おいしいクラゲだなとばかり・・・。
イラスト/佐藤ワカナ 構成/andGIRL編集部

あわせて読みたい

関連記事