andGIRL

佐藤健は今一番の視聴率男『半分、青い。』『義母と娘のブルース』演技の幅がスゴイ のメイン画像

01 『半分、青い。』ではヒロインを優しく見守る好青年・律を演じている

NHKの朝ドラ『半分、青い。』では、永野芽郁演じるヒロイン鈴愛と同じ日に生まれた幼馴染み・律を演じている佐藤さん。クールな理論派ながらヒロインを優しく見守る大人なキャラに胸キュンしている人も多いのでは。視聴率は9月4日に23.9%を記録するほど絶好調!

そんな佐藤さんのオフショットが見れるのが『半分、青い。』の公式インスタ。なかでも、撮影の合間にピアノを弾く佐藤さんの写真&動画にはたくさんの〝いいね〟が。「絵になるわー」「カッコイイ!」「本当に弾けるの!?さすがすぎる!」と、ファンからは黄色い声が上がっていました。

02 佐藤さんと猫、あまりの可愛さにキュン死にしそう

さらに破壊力バツグンなのが『半分、青い。』公式インスタの子猫ミレーヌとのツーショット。スワイプするとじゃれたり、抱っこしている写真がたくさん。#ずっとミレーヌをなででいました というタグに、ファンからは「ミレーヌになりたい!」「健くん&猫ちゃんの組み合わせは最高!」との声が上がっていました。

撮影の合間にピアノを弾いて、猫ちゃんとたわむれる。どれだけ女心をキュンキュンさせてくれるのでしょうか!

03 20代ラストイヤーのお祝いショットも

また、『半分、青い。」公式インスタにはサプライズで佐藤さんのお誕生日をお祝いしている写真が上がっていました。ファンからはおめでとうコメントほか、「健くんお誕生日3月ですよね。その頃の撮影だったんだと思ってしまった。おめでとうございました!」と、撮影裏事情を楽しむ声が。

『半分、青い。』は10ヵ月もの長期間にわたって撮影したそう。撮影終了後佐藤さんは、共演者やスタッフだけでなく、演じた律との別れが寂しいと心境を明かしたようです。

04 一方、夜は正反対のダメ男!?

今期ドラマの終盤に来て勢いづいているのが『義母と娘のブルース』(ぎぼむす)。綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマンが娘を持つ男性(竹野内豊)と再婚して慣れない家事や育児に奮闘する10年間を描いた物語。

佐藤さんが演じるのは寂れた商店街にあるパン屋の元ヤン店長・麦田。どんぶり勘定で、真面目に働かない楽天家。『半分、青い。』の律と同一人物が演じているとは思えない、優等生とヤンキーキャラのギャップに注目が集まりました。

ちなみに視聴率は15.5%と今期連ドラの中でもトップ!〝佐藤健効果〟なのかもしれませんね。

Check!〝朝は優等生、夜はヤンキー〟の佐藤健は今しか見れない!

『半分、青い。』も『義母と娘のブルース』も9月中で最終回を迎えます。佐藤さん演じる〝朝は優等生、夜はヤンキー〟のギャップが楽しめるのは今だけなので是非チェックを!

正反対の役柄を演じ分け、視聴率を爆上げさせるイケメン、佐藤健さんの今後に期待ですね。

文/ナベコリータ

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事