andGIRL

間違えるとダサい……「ギンガム」「花」「ストライプ」の正しい選び方 のメイン画像
andGIRL4月号より
心地よい陽気から様々なおしゃれを楽しみたくなる春。普段は無地を好む人も柄モノにも挑戦してみようと意気込んでいるのでは?でも、定番モノだからこそ、今年仕様に更新しないとせっかくの努力も台無しになってしまうかも。
そこで、今春、抑えておきたい3つの柄「ギンガム」「花」「ストライプ」の選び方を紹介します。
ガーリーな雰囲気から人気の「ギンガムチェック」は、若いイメージが強い柄。だから、コーデは、モノトーンや寒色orラベンダーなどのカラーで、大人っぽさを意識してみましょう。
続いて、コーデしやすいからと安易に取り入れがちな「花」。大柄&ふんわり水彩画風がトレンドだけど、今季は小花より大花で、柄を主張させること。また、一歩間違えるとオバさんっぽくなりがちな花柄の弱点は、ミモレ丈のフレアやタイトスカート、キレイめシルエットのワンピで取り入れて解消!
そして、「ストライプ」は、淡色トーンをチョイスして春仕様にすることが何より大切!秋冬からブームのストライプアイテムを春もそのまま使うのは、古くさい印象になるので、白やパステル、淡色トーンのストライプにシフト。さらに黒の小物で引き締めれば、今年っぽさ倍増です。
『andGIRL』4月号では、もっと詳しい柄コーデの着回しや合わせ方、定番の「ボーダー」などの選び方を掲載しています。

あわせて読みたい

関連記事