andGIRL

モデル・宮田聡子が伝授!何歳でも“ピンク”を楽しむ方法 のメイン画像
andGIRL5月号より
こなれスタイルや辛口アイテムが主流とはいえ、いつまでも「可愛いものが好き」というのは本音ではないでしょうか?でも、アラサーともなると「甘すぎ」「幼い」「若作り」など、どうしてもピンクに苦手意識を持ちがち。
そこで、甘いアイテムの着こなしに定評があるモデル・宮田聡子さんをお手本に、アラサーのピンク攻略法を学びましょう。
Q.大人っぽく着られるピンクが見つからない
A.シンプルなアイテムや、ちょっとモードなデザインが得意なショップのピンクアイテムなら、どれを選んでも上手くいく。例えば、20代後半~30代がメインの「マイストラーダ」やセレクトショップなどで購入してみて。
Q.ピンクに何色を合わせればいいかわからない
A.間違いないのは黒や紺のダーク色でしめるテクニック。今年は辛口にふれるシルバーも、コーデに取り入れてみりのもあり。トップスとボトムスで、甘辛のバランスを5:5に調整してみて。
Q.どうしても幼いイメージになってしまう
A.甘めより、あえてラフなデザインや柄、ルーズなシルエットをチョイスするとうまくいく。素材も天然系が◎。黒やネイビーで無難に行くのもいいけど、逆に正面からピンクで攻める潔さこそ大人。
『andGIRL』5月号では、今春トレンドのガウチョやデニムへの合わせ方もレクチャーしています。

あわせて読みたい

関連記事