andGIRL

知ってた?H&Mの“タグの色と形”、すべてに意味があった! のメイン画像
andGIRL9月号より
H&Mといえば、ベーシックからトレンドまで、北欧ブランドらしい洗練された色合いとデザインでありながら、リーズナブルな価格帯も魅力のブランド。でも、そのラインナップの多さから、どれを買ったらいいのか迷ってしまいがちではないでしょうか?
そんなときは、ズバリ“タグ”に注目!タグは自分の好みのスタイルやシーンに合ったものを購入できる強力な手助けになります。中でも、この4つは要チェック!

■白大タグ

H&Mのなかで最もモードな限定ライン。「H&M ストゥディオ」と呼ばれるライン。店舗限定販売ながら、そのレア感が逆におしゃれ心をくすぐって、全国でラブコール殺到!

■ベージュタグ

少数精鋭でクオリティを重視したトレンドライン。店舗やHPで「トレンド」と呼ばれるラインは、トレンド感はもちろん、プライス以上の質の高さで大人気。そのため常に在庫希少!

■グレータグ

通勤やオケージョンもOKのきれいめライン。店舗やHPでは「モダンクラシック」と呼ばれ、シャツ、ジャケットなどオフィスに使えるアイテムが中心の上品なラインナップ。

■白タグ

“毎日着られる”がモットーの代表格店舗やHPでは「エブリデイ」と呼ばれるH&Mの代表ライン。世界中のどの店舗でも、必ず入り口のあるフロアで展開しているそう!
※『andGIRL』2015年9月号

あわせて読みたい

関連記事