andGIRL

今年はティッシュで“ゾンビ”に!?超簡単「ゾンビメイク」講座 のメイン画像
andGIRL11月号より
今年もやってくるハロウィン。近年、それぞれ思い思いの仮装をして街を練り歩いたり、会社行事として社員がオフィスで仮装するなど、日本でも本格化してきました。
仮装のトレンドとしては、例年通りお馴染みのガイコツなどのホラー系をはじめ、今年はディズニー映画『アナと雪の女王』のエルサや20周年を迎えた『美少女戦士セーラームーン』のセーラー戦士といったキャラクターが人気を集めそうです。
しかし、忘れてはいけない存在は王道ともいえる“ゾンビ”。しっかりとゾンビメイクを施してリアルな傷跡や血を表現することで、ハロウィンが一段と盛り上がること間違いなし!難しそうに見えて意外に簡単なメイクの方法をレクチャーします。
まずは、ゾンビメイクにはこの6個を用意!

<用意するもの>

a.マリブリシャドウMEYE‐108(ブラウン)¥300、b 同MEYE‐108(レッド)¥300、c. 同MEYE‐109(ブラック)¥300/以上ティ・ワン d.アイトーク8ml¥850/コージー本舗eティッシュ/私物 f.ブロードペイントとろとろ4(32g)¥1,000/三善

<メイク手順>

1.aのブラウンとbのレッドアイシャドウを混ぜて、頬に塗ります。ここで傷の大きさが決まるので慎重に。シャドウはマットなものが最適!
2.1で塗ったアイシャドウの上にdのアイプチを乗せる。ティッシュをつけるためののり代わりなので、多めにしっかり塗るのが大切です。
3. eのテッィシュを裂く。やや細かく裂いた方が、アイプチにしっかり密着します。傷に立体感を出したいなら、多めに作っておくと◎。
4.2 で塗ったアイプチにティッシュを張り付ける。隙間が出来ないようにていねいに。アイプチが乾いてしまったら、上から足してもOKです。
5.a.b.cのアイシャドウを4のティッシュの上に塗る。最初にaとbを多めに塗り、cは少しずつ加えます。色ムラを出すとより傷っぽく!
6.fの血のりをブラシにとり、5の上に少しずつ重ねる。仕上げに、傷と肌の境目をスポンジでボカせば、より自然になって本物っぽい傷に!
※『andGIRL』2015年11月号

あわせて読みたい

関連記事