andGIRL

春のタイツは「グレー」でキマり あのコよりおしゃれに見える脚ワザ のメイン画像
andGIRL3月号より
コーデに春物を投入し始めても、まだまだ寒くて素足はムリ!でも冬と違って「タイツはとりあえず黒」じゃ、薄手の春服とはテンションが合いません。春仕様にするにはどうしたらいい?多くのアラサー女子の疑問にお答えします!

Q1 春の白、パステルに合うタイツって何ですか?

「パステルが着たいけど、毎年タイツとのバランスに悩んで、結局なかなか着れません……」(30歳・主婦) 「ふわっとした春服と黒タイツは、どうもミスマッチ。学生感もあるからなんとか脱したい」(飲食店経営・29歳)

A1
濃いグレーがベスト。コーデにもくすみ色やグレーを!

黒に代わって、ややマイルドな濃いグレーが春服にピッタリ!コーデを邪魔せず、でもほどよく引き締めてくれます。タイツ以外にもグレーや黒、くすみカラーを入れると、唐突感が防げてグッド。

Q2 モノトーンやベーシックカラーを着るときのタイツは?

「お洋服の色に春感が見えないときは、もう素足じゃないとダメ?重たく見えてアウトですか?」(広告代理店勤務・28歳) 「引き続き、春も黒やネイビーは着たいけど、黒タイツだと冬っぽくなってしまいます。でも素足は寒い……」(介護福祉士・30歳)

A2
重くならないよう、明るいグレーで抜け感を出して

黒やネイビーなど、重ため定番色のコーデは、ライトグレーのタイツで抜け感を出すのが正解。差し色感覚で取り入れれば簡単です。膨張して見える色なので、スタイルアップも意識して!
andGIRL3月号より
春タイツの法則がわかれば、せっかくの春服が“台無し”なんてことはありません!さっそく実践してみて。
※『andGIRL』2016年3月号

あわせて読みたい

関連記事