andGIRL

服が仕事をするわけではないけど…男性上司に好印象なOLスタイルとは? のメイン画像

01 堅すぎて悪いことなし!お色気服はいりません

普段の格好から仕事がデキるかデキないか、さりげなくジャッジしている男性上司。

「考え方が古いかもしれませんが、営業職はほぼスーツでもいいくらい。実際、スーツやジャケットなどきちんとしたファッションの女性の方が、意識が高く仕事もできる。営業成績にも差が出ています。メールのマナーも、しっかりしてますよ」(広告会社勤務/Kさん・41歳)

「とりあえず新しい会社や部署では、10日間は我慢して“ちょっと堅すぎ?”と思うくらい、きちんとした格好で来ること。それから様子を見て、少しずつカジュアルダウンするのが正解」(外資系メーカー勤務/Kさん・36歳)

「そんなきちんと系スタイルでも、毎日印象が違うコーデだと◎。大変だとは思いますが」(Kさん)

アラサー女子は「格好」=「仕事の評価」に直結するんです。

代表コーデ

暗めジャケット×タイトスカート×ヒールパンプス

02 これだけはNG

・肩や腕、ひざが丸見え!
・ふわふわヒラヒラのゆるアイテム

「肌見せの多いコは必ず年上の女性社員に目をつけられ、すぐ我々にも広まります」(Kさん)。

社内では色気封印がベター。
andGIRL4月号より
※『andGIRL』2016年4月号

あわせて読みたい

関連記事