andGIRL

リモートワークでも!ZOOM飲みでも!今日から使える上半身映えのオシャレアイディア10 のメイン画像

01 柔らかい春の光を味方につけて、透けチュールブラウスが透明感美人で映え!

ドットチュールブラウス¥6,500/SAAAGE boutique デニムパンツ¥15,000/マイストラーダ イヤリング¥2,280/アネモネ(サンポークリエイト) イヤカフ¥13,800、リング¥60,000/ともにステラハリウッド

透け素材は今年の春トレンドの大本命!大人可愛いドットのチュールブラウスは、黒も可愛いけどちょっと夜っぽいので、お仕事シーンにも使うことを考えたら白を選ぶのが正解!襟付きなのでスウェットにレイヤードしたり、トレンドのカーディガンを合わせたりしても可愛い!ボトムはデニムが鉄板だけど、ブルーじゃなくグレーなら新鮮です。

02 着るだけで上級者風になれるレイヤードトップスが時短で映え!

ニットベストセットブラウス¥12,000/SNIDEL スティックパンツ¥14,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) イヤリング¥2,900/アネモネ(サンポークリエイト) クリアリング¥6,500/ステラハリウッド

とにかく大流行してるレイヤードトップス。ただ重ねてるだけじゃなく、シャーリングのパフスリーブになってたり、春らしいディテールを選ぶともっと素敵見え♡さらにグレージュみたいなくすんだカラーだと、春は絶対取り入れたいパステルカラーにもすんなりなじんで、意外と白よりもコーデしやすいのでオススメです。

03 「初めまして」なボレロ付きニットがフレッシュで映え!

ボレロセットニット¥10,500/SNIDEL チェック柄ワイドパンツ¥18,000/CELFORD イヤリング¥24,000/masae(ロードス)

この春チラホラお見かけするのが、肩の抜け感が可愛いボレロ付きのニット。一瞬どう着たらいいか困惑するけれど、進化系アンサンブルと考えればハードルが下がるはず。甘くなりすぎないようにパンツ一択で、トーンもニュアンシーに統一しておくとトップスだけが目立ちすぎず、こなれた感じに仕上がります。

Check!

背中のデザインも凝っててバックシャンなので、お花の大振りなビジューイヤリングで耳盛りして、振り向きざまもちゃっかり可愛く♡

04 大げさなくらい振り切った袖フリルワンピはZOOM女子会で映え!

フリルニットワンピース¥17,000/CELFORD イヤリング¥16,000/masae(ロードス)

ワンピも、今シーズンは首まわりや袖まわりにディテールが効いてるものを選ぶのがベター。なかでも、二の腕カバーもしてくれる袖フリルは鉄板だけど、今年に限って中途半端はNG!思いきり大胆にあしらったものが正解です。イヤリングも大ぶりがグッドバランス。でもミントグリーンなら自動的に微糖に仕上がるので、メンズ受けも期待できちゃいそう♡

05 キャッチーな柄なら、人気復活のマルチボーダートップスが元気で映え!

ボーダーニット¥3,264/ザラ(ザラ・ジャパン) ジャンパースカート¥16,300/GRAMICCI×emmi(エミ ニュウマン新宿店) イヤリング¥3,000/マチルダローズ リング¥4,500/アジンコ(ロードス) カゴバッグ¥5,446/ザラ(ザラ・ジャパン) ストラップサンダル¥12,000/ノエラ

定番の白黒ボーダーもいいけど、さらに映えるのはマルチボーダー。それも春らしいパステル配色なら、どぎつくならないからやりやすいんです。ボーダーとカジュアルなテンションが合うジャンスカを合わせると、普通にパンツやスカートを合わせるより、モニター越しにも肩ひもの存在感が目新しいし、バランス感も新鮮!

Check!

ジャンスカがペンシルシルエットだからちゃんと大人め。コロンとしたかごバッグやストラップパンプスといった遊びのある旬小物をトッピングして、引きで全身見たらもっと可愛い!

06 グッドガールなコットンレースブラウスは攻めな配色コーデで映え!

レースブラウス¥15,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) ワイドパンツ¥9,800/31 Sons de mode(ヒロタ) リング¥15,000/masae(ロードス)

コットンレースブラウスといえば白が定番だけど、映え重視なら色で遊ぶべき!トレンドカラーのイエローにトライするなら、ボトムも無難な白やベージュじゃなく、ラベンダーのワイドパンツを合わせた色×色コーデでとことんキャッチーに。今季トレンドのフェミニンなスクエアネックも、いつもと違うデザイン感があって映え!

variaition

派手な色柄ブラウスもスタンドカラーならお行儀良し!

落ち着きのあるラベンダー色は、若々しいコットンレースに落とし込むとほどよい塩梅。刺繍ブラウス¥7,900/31 Sons de mode(ヒロタ) 切り替えやチュニック風のデザインで、真面目なシャツを楽しくカスタムしたようなデザイン。ストライプ柄ブラウス¥16,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店)

07 ノスタルジックな透かし編みニットはハッとするドラマな赤で映え!

透かし編みフリルニット¥6,900/31 Sons de mode(ヒロタ) ワイドデニムパンツ¥9,500/Lily Brown ブレスレット¥2,300/アネモネ(サンポークリエイト) ネックレス¥8,500/ステラハリウッド

手編みっぽくハートウォーミングな透かし編みニットは、ちょっとほっこりしがちでもあるからこそ、あえてパキッとした赤を落とし込めばたちまちあか抜け!ボトムもシンプルにインディゴデニムで、フレンチっぽく振ると洗練されます。仕上げにいびつなバロックパールネックレスをトッピングして、キレイにまとめすぎないのが上級者風!

08 女子を必ず可愛く見せてくれるギンガム柄のフリルブラウスで映え!

チェック柄ブラウス¥5,446/ザラ(ザラ・ジャパン) ストレッチスカート¥14,000/emmi atelier(エミ ニュウマン新宿店) イヤリング¥2,300/アネモネ(サンポークリエイト) リング¥19,000/ステラハリウッド ヘアゴム¥7,900/THE HAIR BAR TOKYO

柄ってだけで映えるのに、それがギンガムなら無敵の可愛さ!今年は定番の白黒だけじゃなくて、カラーギンガムにもトライしたい。フリルのディテールとふんわり淡いベージュが大人可愛いギンガムブラウスを着たら、ヘアには同じベージュのリボン、ネイルも同系色のイエローをまとって、盛りつつシックなワントーンコーデに。

Point!

シンプルにひとつ結びにしたヘアを、ブラウスと同じベージュのリボンゴムでもうひと盛り!色味の統一感とリボンの細さが大人です。

09 お洋服は手持ちでもつけ衿×ヘアピン使いなら簡単&秒で映え!

スウェットワンピース¥9,000/PUMA for emmi(エミ ニュウマン新宿店) 付け襟¥4,800/Lily Brown “LOVE”ヘアピン¥5,300/タートルストーリー、ヘアピン[3本セット]¥26,000/ジェニファーベア(ともにTHE HAIR BAR TOKYO) パールリング¥15,000/masae(ロードス)

白以外の色ものにもトライしたいつけ衿や、ちょっと前から流行ってたヘアピン使いやカチューシャの流れをくんで、髪も楽しく盛るのも今季のトレンド。グッドガールなつけ衿と相性のいいヘアピンは、サイドにあえてストーン、ロゴ、パールなど、いろんなバリエのものをランダムに散りばめることで、バランス感が生きてきます。

Check

手持ちのスウェットもつけ衿で即今年顔に!トップスがカジュアルだと、甘さにブレーキもかけてくれるし、ハズしでオシャレ度も急上昇!

10 ふんわり可愛いビッグシュシュは全方位どこからもチラ見えで映え!

ブラカップ付きニット¥12,000/emmi atelier(エミ ニュウマン新宿店) ティアードスカート¥15,000/FRAY I.D ピアス¥19,000/ステラハリウッド オーガンジーシュシュ¥6,300/シルクフィロソフィ(THE HAIR BAR TOKYO)

めちゃめちゃキャッチーなビッグシュシュは、フェミニンなコーデにお似合い。若くなりすぎないように、シンプルな低めのポニーテールにトッピングするのがオススメです。背中開きなんかのバックシャンなトップスに合わせると、後ろ姿がより印象的に♡濃い色だと奇抜になっちゃうので、ニュアンシーなカラーを選びましょ!

Check

シンプルなフロントとの温度差がキモのコーデだけど、これだけビッグだと前からもチラッと見えて360°どこからも可愛いんです♡

variation

色とテイストを統一すると重ねづけしたときに可愛い!

すべてガールなテイストとピンク系のトーンでまとめておくとコーデが簡単。リボンはちっちゃめか細めが大人可愛さの秘訣です。お洋服もガーリーなテイストで世界観を完成させて。リボンヘアゴム¥4,600/ジェニファーオーレット、“LOVE”ヘアピン¥5,300/タートルストーリー、ストーン付きヘアピン[3本セット]¥23,000/ジェニファーベア(以上THE HAIR BAR TOKYO)

協力店リスト
エミ ニュウマン新宿店:www.emmi.jp
SAAAGE boutique:03・6271・4866
THE HAIR BAR TOKYO:https://www.thehairbar.jp/
ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店:http://virgnia.jp
ザラ・ジャパン:contact.jp@zara.com
サンポークリエイト:082・248・6226
SNIDEL:http://www.snidel.com
ステラハリウッド:https://www.stellarhollywood.com/
CELFORD:http://celford.com
31 Sons de mode(ヒロタ):https://31sdm.jp/
ノエラ:http://store.noela.jp/
FRAY I.D:www.fray-id.com
マイストラーダ:http://mystrada.jp
マチルダローズ:https://www.matildarose-online.com
Lily Brown:http://www.lily-brw.com
ロードス:03・6416・1995

撮影/野口マサヒロ(WIND) スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森川誠(PEACE MONKEY) モデル/宮田聡子 文/今川真耶

あわせて読みたい

関連記事