andGIRL

後ろ姿美人になる〝バックシャン〟アイテム特集♡イイ女感を醸す肌見せトップス&ワンピ のメイン画像

潔い肌見せでいい女っぽく

思い切って着たら自信はついてくる!
背中がざっくり開いた大胆なデザインは、女らしさが過剰になり過ぎないよう、バランスを考えた着こなしで、あくまでもさり気なく取り入れたい。

01 媚びないブルーを味方に、ヘルシーな色気を振りまいて

パフスリーブ、袖口のフリル、ウエストのビッグリボンと、フェミニンな要素をぎゅっと詰め込んだブラウスは、涼しげなブルーを選んでクールに振って。

ボトムは白デニムで脇役に徹し、小物で華を添えると好バランス

ブラウス¥15,800/Estella.K(ジャミン) ホワイトデニムパンツ¥15,000/マイストラーダ ピアス¥3,500/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) バッグ¥16,000/ヌキテパ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店) サンダル¥14,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

02 ときにはためらいを感じさせないシンプルニットで勝負をかけて

ざっくりと開いたVカットの先には、共布リボンで大人の可愛げも忘れずに。ニットの存在感を際立てつつなじませるボトムには、同色の黒がいちばん。ドットは大粒を選んで甘さを抑えると小ジャレた雰囲気に。

ジャケットで知性をまとってかけ引きを楽しむのも手

リブニット¥10,400/FRAY I.D ドット柄スカート¥36,000/エッフェ ビームス(デミルクス ビームス 新宿) ジャケット(ベルト付き)¥12,000/MERCURYDUO イヤリング¥36,000/アビステ

Point

  • のっぺりしがちな黒がちコーデは、大粒のドット柄でメリハリを強化!

Check!HOW TO HAIR STYLE

巻き過ぎないナチュラルなダウンヘアで肌面積をカバー。
さり気なさが欲しい肌見せ服には、気負いのないヘアが絶対条件。手の込んだアレンジよりも、肌の露出も抑えられるダウンヘアがいちばん!

03 知的で上品。着るとすっと背筋が伸びる艶やかなサテンブラウス

サテンブラウス¥18,000/Estella.K(ジャミン) ワイドパンツ¥2,990/UNIQLO イヤリング¥28,000/アビステ バッグ¥4,900/カシュカシュ(アンビリオン)

ボリューム袖に、垂らしたウエストリボンなど、たっぷりと分量をとったデザインがレディーな雰囲気たっぷり。同じく光沢のある素材のカーキのワイドパンツでマニッシュに振るといい塩梅に。

エレガントな佇まいをデイリーに落とし込む、渋色パンツを相棒に

Point

  • 適度に主張しつつコーデに寄り添うパイソン柄バッグでリズムを与えて

VARIATION

04 リボンの奥からちらりとのぞくウエストがセクシー

ワンピース¥15,000/DRWCYS

後ろ下がりのフィッシュテールスカートなら、360度どこから見ても美人オーラあり。

Front

05 デコルテから背中のラインを美しく彩るカッティング

ニット¥6,900/31 Sons de mode(ヒロタ)

タイトなシルエットがいい女っぽさを後押し。カジュアルになり過ぎない落ち着いた配色のマルチボーダー。

Front

潔い背中の肌見せでいい女っぷりを上げて!

背中が開いていたり、ディテールが効いていたり、バックシャンなデザインの服が豊富な今シーズン。一気に美人オーラが増すので、取り入れない手はありません♡ボトムやヘアとのバランスに気をつければコーデに差がつきます。いい女感を高めたいなら、オススメは背中開きの肌見せアイテム。思い切りよく、かつさりげなく着こなして。

andGIRL2020年5月号より 撮影/水野美隆(zecca)[人物]、石澤義人[静物] スタイリング/竹川尚美 ヘアメイク/髙取篤史(SPEC) モデル/朝比奈彩 構成・一部文/大森奈奈 撮影協力/Hamacho Hotel Tokyo

あわせて読みたい

関連記事