andGIRL

着ても脱いでもオシャレなワントーンコーデ攻略法♡カジュアルに着こなすブルーコーデ のメイン画像

キレイ色で作るワントーン風コーデは、どギツくならない抜け感が大事!

定番色のときは盛りが大事だったけど、キレイ色は柄や異素材をINしつつ、いかに引き算するかがキモ。白やデニムを挟んで調整して!

ブルー・・・グレーやシルバーを挟んでカジュアルに振ると◎

01 端正な色だからこそカジュアルなアレンジが新鮮!

ノーカラーコート[ストール付き]¥39,000、スカート[ニットワンピース付き]¥24,000/ともにリランドチュール パーカ¥12,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) ピアス¥2,800/アネモネ(サンポークリエイト) ファーバッグ¥41,000/a-jolie(S.I.M) タイツ¥1,000/靴下屋(タビオ) ショートブーツ¥16,300/ユニティ(モーダ・クレア)

無地コーデなので、スカートの透け感&プリーツやファーバッグのニュアンス効かせがマスト。

Point

  • フードで動きをつけると間延びしないし、自然とメリハリON!

コートを脱いでも素敵!

02 デニムでハズすとそのままワントーンが完成しちゃう!

ノーカラーコート¥48,000/ストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス) タートルネックニット¥8,990/PLST ストライプ柄シャツ¥6,500/Isn’t She? デニムパンツ¥7,800/ミラ オーウェン バッグ¥36,000/RIPANI(S.I.M) スニーカー¥16,000/ランバン オン ブルー(モーダ・クレア)

ブルーの場合、ただのデニム合わせだと青すぎて若干のっぺり。レイヤードで奥行きを出してあげて。

Point

  • レイヤードしたストライプシャツで真っ青感がほどよく薄まる!

ブルーのワントーンは相性のいいグレーやシルバーを使ってカジュアルに振って!

ここしばらくずっとトレンドのワントーンコーデは引き続き人気です。アウターを着る分全体的に重く見えがちなこの時期のワントーンを素敵に見せるには、抜け感や盛り感を出すテクが必須。キレイ色ワントーンはド派手に見えないよう、引き算して抜けを作るのがポイント。ブルーの場合は、グレーやシルバーを取り入れてカジュアルに寄せると◎。

andGIRL2020年2月号より 撮影/藤原宏(Pygmy Company)[人物]、石澤義人[静物] スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森川誠(PEACE MONKEY) モデル/新内眞衣(乃木坂46) 一部文/今川真耶 撮影協力/Baluko Laundry Place 代々木上原

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事