andGIRL

コスパ最強ニットアップを着倒すテクニック♡タイトスカート&ニットパンツコーデ9選 のメイン画像

今季のニットアップ、ココがすごい!

流行のワントーンが簡単&素敵にクリア!

基本上下同系色だから、着るだけでワントーン完成!アレコレ悩まなくても旬顔になれて、おトクが過ぎます。

着回しやすいからコスパもいい

単品使いできるぶん、ワンピより断然高コスパ。通勤からおめかしまで対応シーンが増えて、週3着用も楽々OK!

スタイルアップできるデザインが豊富

今季はウエストコンシャス&長め丈が急増中。落ち感やベルトで体型カバーできるから、誰もがスタイル美人に♡

タイトスカートType

くびれ強調のカーヴィーラインで女らしさを熱くアピール!

01 膨張問題はベルトでクリア!ミルキーなベージュで愛されて♡

ベルト付きニットとスカートのセット¥20,000/TONAL バッグ¥14,500/クリスチャン ヴィラ(ジネス ペリエ千葉店)

着太りしやすいベージュのローゲージでも、ベルト付きならスッキリきれい!ニットはゆるシルエットの長め丈で、ポッコリお腹もカバー可能。上下がゆるピタバランスだから、下半身の細見え効果も大!

Point

  • ベルト付きでメリハリ万全。今年はこのタイプが激増してます!

02 トレンドのくすみパステルはタイトで締めて洗練レディーに

2wayカーディガン¥5,500、ベルト付きスカート¥7,500/ともにMERCURYDUO コート¥29,000/TONAL バッグ¥12,800/ル・ベルニ(キャセリーニ) パンプス¥14,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

大注目のくすみパステルこそ、簡単にキマるニットアップがお役立ち!タイトなら甘すぎず、大人ムードも十分。

Point

  • リボンベルトがパステルにマッチ。立体感も可愛さもコレ1つで盛れる!

上を着回し

ブラウン配色はザ・今年。前後2wayなのも高得点!

カーディガン/着回し スカート¥8,800/ココ ディール バッグ¥5,900/カシュカシュ(アンビリオン) スカーフ¥790/GU ブーツ¥27,000/ノエラ

カーデは腰丈なので、ボリュームボトムと相性抜群。アンティーク風のパールボタンがポイントになって、ワンツーコーデでも文句なしに華やか!後ろにして着ると、シンプルなボートネックに。

Check!Variation これもオススメ

左・ベルト付きニットアップ¥12,000/31 Sons de mode(ヒロタ) 左中・ベルト付きニットアップ¥12,000/PROPORTION BODY DRESSING 右中・ベルト付きニットアップ¥20,000、右・ベルト付きニットアップ¥22,000/ともにマイストラーダ

左・定番ネイビーはパフスリ&バックリボンで盛って。
左中・ノッペリ見えを回避するメリヤス×リブのコンビ。
右中・ほどよくカジュアルできる配色セットも今年はアリ!
右・キレイさ重視ならレーススカートとのコンビが正解。

さらにおしゃれ感あり!ニットパンツType

モデルやスタイリストに人気なのがコレ。長めニット+太パンツならお寝間着になりません!

03 楽ちんでラグジュアリー。キモはやっぱりベルト使い!

ベルト付きカーディガン¥17,000、ニットパンツ¥16,000/ともにルーニィ ストール¥1,490/GU ピアス¥6,500/ステラハリウッド 腕時計¥9,819/アビステ バッグ¥4,900/コントロールフリーク(キャセリーニ) パンプス¥14,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

こなれて見えて、キレイめ感も上々。足元は必ずヒールで締め!

Point

  • 長め丈のニットをウエストマーク。コレならお尻の線も気にならない!

下を着回し

メリハリ配色と斜め掛けバッグでラフコーデも達人レベル♡

ニットパンツ/着回し タートルニット¥8,300/ミラ オーウェン バッグ¥12,000/ノエラ パンプス¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

これでパンツが裾絞りだと、スウェットっぽくなるのでご注意!ワイパンならグレーでも大人の説得力が出ます。仕上げはヒールと斜め掛けのチェーンバッグで、手抜きに見えないよう気を配って。

タイトスカートのニットアップは女度高め♡ニッパンツはオシャレでキレイめに着られる!

ニットのセットアップはコーデいらずで簡単にキマる時短アイテム。ただ、今まではシンプルなデザインが主流だったので、スタイルが良くないと着こなせない、地味見えするetc.の悩みがありました。今年はそれを解決できるデザイン性の高いものがたくさん登場!タイトスカートタイプなら即女らしさがアップ、ニットパンツタイプならオシャレにキマります♡

andGIRL2020年1月号より 撮影/藤原宏(Pygmy Company)[人物]、上田祐輝[静物] スタイリング/竹川尚美 ヘアメイク/森ユキオ(ROI) モデル/高梨臨 一部文/鱧須みちこ 撮影協力/ブラザーズ、東京ミッドタウン日比谷、パッション ドゥ ローズ
※タイツはすべてスタイリスト私物になります。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事