andGIRL

定番の白を今っぽく着こなす正解スタイル♡白のワントーンで仕上げる最旬コーデ3選 のメイン画像

白ワントーンの「膨張しない」「ちゃんとキマる」着こなしルール

もはや定番の白ワントーンだけど、真夏と違って大胆な肌見せができないぶん膨張が心配・・・。また、「のっぺりしてうまくキマらない」って声も多いので、今一度、今年らしくキマる着こなしルールをレクチャー。

Check!ワントーンの着こなしルールはこの3つ!

素材・柄・シルエット・・・、どこかでメリハリを

硬×柔な素材MIXだったり、ピンストライプやレースなどの柄を投入してのっぺり感を払拭。トップスをコンパクトにした方がシュッとキマりやすい。

ガツンと効かせる小物を1点投入!

目を引く締め小物でぐっと洗練された雰囲気に。今年ならスカーフ使いでトレンド感を入れてもいいし、これからの季節はサングラスもおすすめ!

肌見せや素材で抜け感を出して

手首・足首は必ず出して抜け感を演出。レースや部分透けアイテムなどで奥行きとニュアンスを出すのも、ワントーンコーデを素敵に見せる常套手段。

01 ふんわりシルエットなら柄や小物で徹底的に縦ラインを意識

ワンピース[一部店舗とオンラインストアで販売]¥3,990/HANA TAJIMA FOR UNIQLO(UNIQLO) デニムジャケット¥9,900/And Couture(And Couture ルミネ新宿店) サングラス¥5,000/JINS イヤリング¥9,000/マージョリー・ベア(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) バッグ¥11,000/アンドレア カルドネ(EMMEL REFINES ルミネ新宿店) スカーフ¥11,000/ルーニィ サンダル¥17,000/セベージュ/ティテインザストア(ジオン商事)
Aラインワンピはストライプでメリハリを。

Point!

  • バッグや靴はもちろんサングラスにも黒をちらして締め!

02 フードで目線を上にリード!キャメルの小物で大人の余裕を

パーカ¥8,500/チャンピオン[別注](フリークス ストア渋谷) レーススカート¥12,000/ユニバーバル ミューズ(シュガー・マトリックス) ピアス¥1,800/アネモネ(サンポークリエイト) バングル¥2,759/3rd Spring バッグ¥26,000/クリスチャン ヴィラ/ドレスレイブ(ジオン商事) パンプス¥9,250/ザラ(ザラ・ジャパン)
タイトめなマーメードラインが大人なレーススカートに、スウェットを合わせて旬のスポMIXに。スカートがシュッとしているので、ボリューミーなパーカがジャストマッチ。小物は変に派手カラーを合わせず、キャメルで大人に振って。

Point!

  • レースでガール感をMIXしつつもシルエットはスッキリ

03 歩くたびにチラ見えするシフォンプリーツでリズミカルに♪

レースワンピース¥27,000/マイストラーダ バッグ¥32,000/イアクッチ(デミルクス ビームス 新宿) パンプス¥18,334/銀座かねまつ(銀座かねまつ6丁目本店)
バッグも白でなじませて、ワンピの黒ラインを強調させてスタイルよく。アイシーな寒色パンプスを合わせて令嬢っぽくキメ。

白ワントーンコーデはおしゃれに見せるテクを駆使して!

もはや定番とも言える白のワントーンコーデ。今っぽいおしゃれ感を出しつつ、膨張して見えないようにするには、いくつかのポイントを押さえて。白でまとめた中にもメリハリを出すこと、効かせ小物を投入すること、抜け感を出すこと、この3つがおしゃれ感&細見えのカギです。
撮影/三瓶康友 スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森ユキオ(ROI) モデル/美香 編集・一部文/住中理美

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事