andGIRL

定番の白を今っぽく着こなす正解スタイル♡主役と脇役を駆使する白トップスコーデ5選 のメイン画像

ボトム」「トップス」「小物」、アイテム別の取り入れ方教えます

〝コーデのどこかに白〟は抜け感を出す鉄則だけど、適当に合わせてたら今っぽくなりにくい・・・。ここでは、旬のアイテム選びと着こなしテクニックを教えます!

トップスで白・・・脇役か主役かで選ぶアイテムを変えるのが鉄則!

今年らしい派手ボトムにはシンプルでコンパクトな白トップスを、主役にするなら思いきり旬なデザインを辛めに着て。

脇役白!

01 旬なカラーパンツをシャレて見せてくれる名脇役が白ロゴT!

Tシャツ¥8,500、テーパードパンツ¥13,000/ともにソーノ(ミラク) ジャケット¥12,000/MERCURYDUO ピアス¥2,100/アネモネ(サンポークリエイト) フェザーリング¥6,200/leialoha accessories ウェーブリング¥12,000/Jouete バッグ¥12,000/マルコ ビアンキーニ(カージュ ルミネエスト新宿店) パンプス¥18,000/ALUNE(サン・トロペ コーポレーション)
みんなが気になっているカラーパンツ、特にピンクは甘く着ると野暮ったくなる恐れあり。そんなときに便利なのが白のロゴTなんです。細めの書体で大人っぽく、こなれ見せに成功!

02 花柄&ラッフルの盛りスカートを大人にクールダウン

ニット¥4,990/PLST ラップスカート¥26,000/コンバース トウキョウ(コンバース トウキョウ 代官山) バッグ¥11,800/ル・ベルニ(キャセリーニ) サンダル¥25,000/ペリーコ サニー(デミルクス ビームス 新宿)
キレイめニットで女っぽく、足元はシルバーで涼しげに見せて。

主役白!

03 ひとクセブラウス・・・インパクトデザインでベタなコーデが素敵に映える!

ブラウス¥12,000/ストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス) デニムパンツ¥20,000/GAS(ガス ジャパン) ピアス¥2,400/アネモネ(サンポークリエイト) ブレスレット¥6,150/JUICY ROCK バッグ¥9,800/キャセリーニ スカーフ¥8,900/アンタイトル パンプス¥17,500/ランバン オン ブルー(モーダ・クレア)
コンシャスなデザインだからこそ、×デニムでベタにコーデするのが逆に素敵です。でも去年と違うのは、デニムと同系色のパンプスを合わせていること。変に差し色をしない方が今年らしくなるのでマネしてみて!

04 ドットブラウス・・・ドットの愛らしさをあえて封印した辛口コーデで差をつける!

ブラウス¥16,000/アプワイザー・リッシェ タックパンツ¥6,996/FABIA(オットージャパン) バッグ¥4,190/ロペピクニック パサージュ サンダル¥26,667/銀座かねまつ(銀座かねまつ6丁目本店)
シュッとしたパンツや黒小物で、ブラウスの甘さを大人にコントロール。

05 レースブラウス・・・今年はボヘに振るよりも淡トーンのキレイめコーデが新鮮

ブラウス¥20,000/NINE(NINE ルミネ有楽町店) タックパンツ¥3,990/アース ミュージック&エコロジー(アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード) バッグ¥12,000/ALICE MARTHA(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) パンプス¥7,900/RANDA
ラベンダーのパンプスで流行感もオン。

おなじみ白トップスは主役か脇役かで選び方を変えて!

ベーシックな白アイテムこそ、今っぽさを意識して取り入れるのがおしゃれに見せるカギ。トップスで白を取り入れる場合は、主役にするか脇役にするかで選び方が違ってきます。主役トップスとして白を持ってくるなら、柄や素材、ディテールがキャッチーなものを。脇役ならとことんシンプルかつコンパクトに。
撮影/三瓶康友 スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森ユキオ(ROI) モデル/美香 編集・一部文/住中理美

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事