andGIRL

Sガールの美脚パンツ履きこなし術♡スタイルUPを叶えるおすすめ通勤ブランド4選 のメイン画像

短足に見えない美脚パンツ

パンツで美脚に見せるために着丈以上に重要なのが、ウエストやヒップのサイズ。お直ししにくい箇所だからこそ、小さめサイズがあるブランドで選ぶのが得策!

01 テーパードパンツならPLST【プラステ】

定番こそ確実に着こなしたい!
XXSサイズがあり、特にお直しがしにくいウエストはSサイズより5cmも細いので、腰ばきになることなく、キレイに着こなせます。

ストライプを合わせて縦長感を後押し

パンツ¥6,990/PLST シャツ¥13,000/TONAL ピアス¥12,000、時計¥11,667/ともにアビステ ベルト¥8,800/アルアバイル バッグ¥29,000/ジャンニ キャリーニ(デミルクス ビームス 新宿) パンプス¥25,000/メダ(モード・エ・ジャコモ プレスルーム)
縦横に伸び、シワになりにくい素材なので、長時間はいていてもストレスなく、キレイにはける1本。淡いピンクのパンツは可愛くなりすぎないように、シャツ合わせでキリッと感を足すと、子どもに見られる心配もなし。

Point!

  • シワになりにくくセンタープレスがいつもきりり!

02 ワイドパンツなら31 Sons de mode【トランテアン ソン ドゥ モード】

広がるシルエットが袴に見えないか心配!
フェミニンな服が得意なブランドだからこそ、迫力が出がちでSガールには難しいワイドパンツも、ほどよく可愛い仕上がりに。

ワントーンで全身の統一感を出して

ワイドパンツ[4月下旬発売予定]¥9,500/31 Sons de mode(ヒロタ) ニットアンサンブル¥16,000/ジャスグリッティー イヤリング¥2,500/JUICY ROCK 時計¥17,000/Jouete バッグ¥4,990/index スカーフ¥2,500/AG バイ アクアガール パンプス¥16,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)
トップスとボトムの色のコントラストが強いと、胴と脚が分断されて見えて、よりそれぞれの短さを強調してしまいがち。淡めワントーンコーデにして分かれ目を曖昧にしておくと、全身すっきり見え。

Point!

  • 立ち上がったウエストが腰高に見せる!

03 スティックパンツならBANANA REPUBLIC【バナナ・リパブリック】

細身のはずが普通サイズになりがち・・・。
5号(00サイズ)があるので、脚にフィットする細身パンツのはずがテーパードに見えちゃうという〝Sガールあるある〟に陥る心配なし!

トップスは絶対にINして脚の長さを最大限に強調

パンツ¥12,000/バナナ・リパブリック ジャケット¥24,000/INDIVI ブラウス¥16,500/アンタイトル イヤリング¥2,200/JUICY ROCK 時計¥20,000/Jouete バッグ¥5,900/カシュカシュ(アンビリオン) パンプス¥17,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店)
ストレッチ性はありながらもリカバリー力が高い1本なので、脚のラインを拾いすぎずほっそり美脚が叶います。

Point!

  • ストレッチ性が高く脚にフィットするからはかれてる感なし!

04 ガウチョパンツならUNTITLED【アンタイトル】

スカート派から支持率高め♡
Sの下にさらに2サイズを展開。お仕事服に強いブランドだから、きちんと見えする服なのに自宅洗いOKなど、細部まで抜かりなし♡

印象的なスカーフと色トップス合わせで視線をUP!

ガウチョパンツ¥19,000/アンタイトル スカーフ付きニット¥13,000/ジャスグリッティー ピアス¥3,300/JUICY ROCK バッグ¥6,900/UNRELISH パンプス¥6,900/RANDA
裾がひらりと揺れる柔らか素材だから、ボリュームあるパンツでも軽やか。トップスはフィット感のあるリブニットを合わせてコンパクトにまとめるのが正解です。

Point!

  • 落ち感素材だから広がらずにIラインをキープ!

美脚パンツが得意なブランドは要チェック!

Sガールにとって、パンツは選び方が難しいアイテムのひとつ。特にきちんと感を出したい通勤コーデに合わせるなら、ジャストサイズをキレイにはきこなしたいものです。ここで紹介したテーパード、ワイド、スティック、ガウチョと、おすすめブランド4つはぜひチェックしてみて!
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリング/井関かおり ヘアメイク/森川誠(PEACE MONKEY) モデル/里々佳 構成・一部文/幸山梨奈 撮影協力/住友不動産六本木グランドタワー、ワタベウェディング、COFFEE mafia 飯田橋店

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事