andGIRL

秋は赤色を入れるだけで見違える!覚えておきたい色合わせ♡簡単配色コーデ3選 のメイン画像

レッド

茶系で赤の強さをマイルドに中和させて!
赤はずっとおなじみの美人カラー。だから古く見えない新鮮味を補いつつ、ほどよく強さも和らげる、流行定番色のブラウンがうってつけ。無地でも柄でも、どっちにも合います!

Check!相性がいいのはこんな色

×キャメル…明るい赤の強さを上手にセーブする茶系はキャメル!

01 ウォーム配色はほっこりしないパンツコーデでキリッ!

ニット¥10,000、かごバッグ¥8,300/ともにストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス) ワイドパンツ¥4,990/AG バイ アクアガール パンプス¥47,000/ネブローニ(フラッパーズ)
老け見えが気になるウォーミーカラーは、パンツでクールに振った方が安全。黒を取り入れた小物でシェイプも抜かりなく。バッグも靴も真っ黒だと重いけど、ワンポイントやひとクセデザインならいいスパイスに。

×ブラウン…茶のトーンが濃いほど赤の面積は小さくするのが簡単

02 強い色同士がぶつからないように柄を挟むのも名案

パンプス¥19,000/カリーノ(モード・エ・ジャコモ) リブニット¥14,000/ROPE ラップスカート¥15,000/ティテインザストア(ジオン商事) ファーつきバッグ¥11,000/キャセリーニ
ブラウン系チェックスカートのワンクッションでバランス良く。コーデ自体はベーシックなので、要所のディテールにこだわって。

×ベージュ…赤の分量が多いなら、色を立てつつ中和させるベージュ

03 美人なイメージを壊さないように小物は抜け感を重視!

ラップスカート¥16,000、リブニット¥10,000/ともにデビュー・ド・フィオレ バッグ¥16,000/マルシェ(フラッパーズ) パンプス¥17,000/ダニエラ&ジェマ(カルネ)
赤×ベージュは鉄板の美人配色。うっかり真っ黒小物を合わせると、せっかく絶妙なバランスに仕上がってる調和が台なしに!抜け感のあるもので統一して赤を引き立てて。

美人カラーの赤は茶系合わせが今季っぽい!

美人見えする赤を今年っぽく仕上げるなら、茶系カラーを合わせるのがおすすめ。キャメルにブラウン、ベージュと、どんな茶色でも相性◎。赤の強さを程よくマイルドに中和しつつ、美人度も上げてくれます。茶系なら柄でも無地アイテムでも、どちらでも合うのでコーデも簡単。
撮影/石澤義人 スタイリング/竹川尚美 一部文/今川真耶 

あわせて読みたい

関連記事