andGIRL

全身ほぼ黒の組み合わせは色柄でアクセントを♡定番色でも新鮮モノトーンコーデ3選 のメイン画像

ブラック×グリーン……オールブラックに差すなら地味じゃない!

01 グリーンの品で全身黒のモード感をエレガントに誘導

ブラウス¥13,000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) ブラックデニムパンツ¥17,000/ルーニィ バッグ¥29,000/マリアラローザ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店) イヤリング¥8,000/アビステ フラットパンプス¥19,000/FRAY I.D
中途半端にグリーンを入れるより、割り切った9:1の割合がこなれます。フリルやドットの靴の味付けも。

ブラック×チェック……黒地チェックなら安定のモノトーンコーデに

02 ドッキングワンピ風だから旬小物でカジュアルダウン

カットソー¥3,900/フリーズマート(フリーズマート 自由が丘店) チェック柄スカート¥21, 000/マイストラーダ キャップ¥980/ダブルフォーカス ネックレス¥19,445/アビステ バッグ¥35,000/アディナ ミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) パンプス¥13,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)
フェミニンに着るより、キャップでカジュアルに遊ぶのが新鮮。

ブラック×カーキ……鉄板配色だけに更新がマストです!

03 素材、柄、差し色を総動員して今年らしさを

レースブラウス¥6,900、スカート¥8,900/ともにROSE BUD バッグ¥77,000/オリヴィア クレージュ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店) チェックパンプス¥7,800/ル タロン(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)
重めな配色なので、フェミニンなレース素材で軽さを出して。

定番のブラックはほぼ全身使いが今っぽさの決め手!

ベーシックカラーの中でも鉄板のブラック。ほぼ全身黒でまとめて、色や柄を差すのが今っぽく見せるコツです。
撮影/須藤敬一[人物]、ケビン・チャン[静物] スタイリング/井関かおり ヘアメイク/川嵜瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮田聡子 一部文/今川真耶

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事