andGIRL

清潔感のある白パンツで仕事のデキる女。上品で好感度高い通勤着回しコーデ3選 のメイン画像

01 夜に予定があっても大丈夫、盛り袖ブラウス

ジャケット(ブラウスセット)¥24,000/ジャスグリッティー ブラウス¥21,000/ルル・ウィルビー(アルアバイル) センタープレスパンツ¥8,990/PLST サイドヒョウ柄バッグ¥28,000/ROSE BUD ショートブーツ¥17,575/プールサイド(プールサイド マロニエゲート 銀座2店) 時計¥22,000/ダニエル・ウェリントン(ダニエル・ウェリントン 原宿)パール付きピアス¥6,000/ザ キャットウィスカーズ(フィルム)
ジャケット+白パンで、「仕事がデキる」スタイルに。袖が可愛いブラウスも、ジャケットを羽織れば真面目顔。でもただの真面目じゃつまらないから、ヒョウ柄がポイントのバッグを持って、ちょっぴりエッジィに。髪もまとめてキリッと見せます。

02 ジャケットには、リブニット合わせで女っぽをプラス

ジャケット(ブラウスセット)¥24,000/ジャスグリッティー カラーリブニット¥5,990/PLST センタープレスパンツ¥8,990/PLST ショルダーバッグ¥8,900/ROSE BUD 白パンプス¥12,800/パリンカ(パリンカ 二子玉川ライズ S.C.店) スカーフ¥11,000/マニプリ(アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店) 細ベルト¥1,990/アメリカンホリック(アメリカン ホリック プレスルーム) ストーン付きチョーカー¥23,000/アデル(デコールーバンリサーチ ニュウマン 新宿店)
夜に予定があるとはいえ、日中はお客さまと会う予定がギッシリ。こんな日はジャケット着用がお約束。けどジャケットを脱げば、フィットするリブニットで女っぽく印象チェンジ。異業種交流会では、ふんわり系よりも、仕事ができそうな方がモテるんです。

03 黒の細ベルトをつけて、知的な印象に

盛り袖カーディガン¥13,000/アクアガール(アクアガール丸の内)センタープレスパンツ¥8,990/PLST バイカラーバッグ¥ 5,900/ラウゴア 晴雨兼用パンプス¥12,500/プールサイド(プールサイド マロニエゲート銀座2店) 時計¥22,000/ダニエル・ウェリントン(ダニエル・ウェリントン 原宿) 細ベルト¥1,990/アメリカンホリック(アメリカン ホリック プレスルーム)
白パンツにカーデを全閉めでインした、今っぽいきちんとコーデ。このスタイルのキモは細ベルト。ウエストマークすることで、コンサバかつ知的な印象、さらにはスタイルアップも叶います。

真面目の中に可愛さをしっかり入れたい、通勤コーデのポイント

Point!

  • 盛り袖ブラウスをひっそりとジャケットの中に潜める!
  • リブニットで女っぽ度UP
  • カラーパンプスで、足元から華やかに
ジャケットを着てしまうと一気にコーデも真面目な印象を与えますが、盛り袖などを潜めるとアフ5で遊ぶ時にもバッチリキマります!

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)[人物]、石澤義人[静物] スタイリング/井関かおり ヘアメイク/木部明美、森川誠(ともにPEACE MONKEY) モデル/宮田聡子 一部文/住中理美

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事