andGIRL

和顔の優香、洋顔の中村アン メイクはこの2タイプでわかる! のメイン画像
andGIRL 2015年3月号より
自分にあったメイクがわからないと悩みを抱えている人も多いのでは?そんな人は、メイクに力を入れる場所を間違っていることが原因だったかも。
今回は、「和顔」「洋顔」のタイプ別に「やっていいこと」「悪いこと」を紹介する。
<女子アナ、アイドル、OL感のある和顔>
和顔は、優香、宮田聡子、蛯原友里、綾瀬はるかなどがあてはままる顔。和顔といっても、いわゆる「平安美人」のような顔ではなく「日本の正しい可愛い顔」。性格は、食も美容もミーハーな面があり、カラオケも流行歌を歌う傾向があるそう。
そんな和顔のメイクは、目鼻立ちがあっさりしている場合が多いので、メイクは少し濃いめの方が似合うそう。andGIRL3月号では、「和顔さんは抜け感なんか意識しないで、今年らしいピンクづかいをマスターした方がラクだし確実」とレクチャー。ただし、目元だけというように唐突に色を用いないことがポイント。
<ヘルシーな印象と外国人感のある洋顔>
洋顔は、芸能人で例えるなら、中村アン、RINA、すみれ、道端ジェシカ。その特徴として、骨格がしっかりしていることが多いため、メイクは薄くて十分なタイプであり、内面は、美容にもファッションにも食にも、自分らしさやナチュラルさを大切にしている人。
メイクのポイントは、リップが主役で、「他のメイクをほぼカラーレスに仕上げても、リップの威力だけで、顔に流行感と季節感を足すことができる」点。とはいえ、注意したいのは、他の部位が普段通りだと過剰なメイクになるので、少しずつマイルドにもっていくことが鍵。
ほかにも、andGIRL3月号では、和顔、洋顔の特徴をおさえたベースメイクやアイメイクをはじめ、チーク&リップ、春らしい通勤メイクに至るまで徹底解説。さらに、新色コスメの選び方や使い方も伝授していることも見逃せない。メイクがイマイチと感じている人は、要チェック!

あわせて読みたい

関連記事