andGIRL

美のカリスマ•神崎恵流の「モテ顔」3つのキーワード のメイン画像
andGIRL4月号より
女性のもつ可愛さを最大限に引き出し、世の女性たちを“モテ女”に変身させてきた美容研究家・神崎恵さん。そんな彼女にモテ顔を作るコツを教えてもらいました。ポイントは、素肌感とハイチークでつくる色っぽい血色感「色っぽ血色」だといいます。
■キーワード1 熱っぽい肌
「お風呂上りやスパ帰り、あるいは微熱があるときのうるんで上昇した感じ。この肌こそ、色っぽ血色の目標だと思います。ガラスに近づいたら曇るようなこの感じは、油分たっぷりの保湿で叶います」
■キーワード2 ほろよいの頬
「ほろよいのときや、恥じらいを感じたときに、ジュワンと赤くなった頬って、あどけなさの象徴ですよね。そんな頬は、やや高めの位置に、横長に入れたチークで表現できます。さらに透明感の出る練りチーク、そしてピュアなピンクを選んで、“恥ずかしさ感”をアップ」
■キーワード3 噛んじゃった唇
「噛んだ後の、血色がにじんだみたいな唇。この内側から透けている感じが、色っぽさのポイントです。大人でピンクリップを使うとあざとくなるので、赤とオレンジの中間色のリップで、生き生きした感じを出します」
『andGIRL』4月号では、さらに詳しい「色っぽ血色」をつくるための解説やお気に入りアイテムも神崎さんが披露しています。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事