andGIRL

冷え、むくみ、食欲低下……夏の不調は「経絡リンパマッサージ」で解消! のメイン画像
andGIRL9月号より
連日のように続く猛暑から、室外と室内の温度差が例年以上に大きくなり、体への負担が大きくなるこの季節。食欲や体力の低下をはじめ、冷えやむくみ、便秘といった不調に悩まされていませんか?
そうした症状には、本来の健康を取り戻し、不調の改善が期待できる「リンパマッサージ」に、「経絡(けいらく)」(ツボ押しなど)の処方を加えた経絡リンパマッサージが最適だといいます。銀座ナチュラルタイム総院長で経絡リンパマッサージ協会代表理事の渡辺佳子先生監修のもと、お腹へのマッサージを紹介します。
1. みぞおちからへそ下に流したら、へそ周りは時計回りにマッサージ
両手のひらを、みぞおちに当てる。左右交互におへその下まで手のひらを密着させたまま流します。続けて、両手のひらを密着させた状態で円を描くようにおへその下からろっ骨の内側をなぞり、時計回りに約1分間流す。
2. 右手は左から、左手は右から逆側に向かってスライド
胸の下の高さで、右手は左の脇腹、左手は右の脇腹に手のひら全体を密着させます。両手をそれぞれ、左から右、右から左へ動かします。少しずつ手の位置を下にずらしながら同様の動きをして、へそ下の位置までマッサージ。約1分。
3. お椀型にした両手で脇腹の肉をすくいあげるように叩く
両手のひらの中央を軽くくぼませて、お椀型を作ります。その状態で、お腹の肉を下から上へと持ち上げるように、脇腹全体を1分間、細かくポンポンと叩きます。リズミカルにやさしく叩くのがポイント。
※『andGIRL』2015年9月号

あわせて読みたい

関連記事