andGIRL

フーミーのコスメで作る簡単メイク術♡ふんわり可愛い今っぽい甘顔になるテクまとめ のメイン画像

WHOMEE(フーミー)

イガリシノブさんプロデュース!

血色メイクで各雑誌から引っ張りだこのヘアメイク・イガリシノブさんがプロデュース。昨年のデビュー以来、豊富なカラバリや発色の可愛さ、機能性の高さでたちまち大HIT。その上うれしいプチプラで、ガールの心をわしづかみ!

私も使っています!

「ずっと在庫切れだったアイブロウブラシをゲット。描きやすくてお気に入り」andGIRL mates・藤澤理恵さん(32歳)
「リップのseekを愛用中!フーミーは可愛いアイテムがそろってるイメージ!」andGIRL mates・佐藤文さん(36歳)

Check!WHOMEEの〝今っぽ〟ポイント

01 大人も使える赤やピンクが豊富でとにかく可愛い!

左・フーミー ロング&カールマスカラ ストロベリーレッド、右・同マルチライナー deeper 各¥1,500/ともにClue

くすみ具合や、キラキラ感がいい塩梅。大人が使えるガーリーカラーが豊富で、美容業界人にもファン多数!

02 旬肌が作れるベースコスメがそろってる!

左・フーミー クッションUVパクト SPF50+/PA++++、右・同トーンアップベースUV SPF30/PA+++/ともにClue

肌の質感は今っぽさを左右する超重要ファクター。フーミーには旬のナチュラルなツヤ肌を作れるベースアイテムも多数。トーンアップ効果も秀逸です。

03 ふんわり眉をラク〜に作れるブラシがあるんです!

フーミー アイブロウブラシ 熊野筆 ¥1,800/Clue

粉含みが良く、サイズ感も絶妙。置くように色をのせるだけで、ふんわり立体的なオシャレ眉が簡単に描けます。欠品になったほどの人気っぷり!

WHOMEEで作る今っぽなふんわり甘顔簡単テク

大人の甘顔は甘さのさじ加減が重要。その点フーミーのカラーアイテムなら、ほどよいくすみ感&透け感で、のせるだけで甘さと今っぽさが生まれます。

やりがち甘顔

タレ目×まん丸チークはちょっと古い・・・

甘すぎない〝フーミーピンク〟でオシャレと可愛いのいいとこ取り!

ケーブルニット¥9,500/MERCURYDUO ピアス¥30,000/ココシュニック

Point!くすみピンクが今っぽさを後押し!

くすみの効いた絶妙発色で、使うだけで即旬顔に。青みピンクだと少し冷たい印象になるから、暖かみのある黄みピンクを選ぶのが甘顔に仕上げるポイントです。

使ったアイテムはコレ!

左上から反時計まわりに・フーミー アイシャドウパレットR.P レッドピンク、同 believe in pink ピンクピンク 各¥1,800、同 ブレンドチークカラー ポピーレッド ¥1,800、同 マットリップクレヨン X.S ピンキーベージュ ¥1,500/以上Clue

左上から反時計まわりに
肌なじみも◎。
ラメ入りで、ハリのある頬に。
輪郭補正にも便利。

Check!ふんわり甘顔の今っぽポイントはココ!

〝顔の下側〟にポイントを作って赤ちゃん風に!
甘顔は赤ちゃんがお手本。赤ちゃんみたいにパーツが下に寄ると可愛らしさが出るので、下まぶた、チーク、リップにポイントを集中。甘さをあおるピンクシャドウは、狭めに塗って腫れぼったさを回避!

甘めシャドウは二重幅からハミ出さない!

キワはしっかり締めておくこと!

01 Eye・・・甘めシャドウは〝狭め〟〝キワ締め〟でふんわりデカ目に!

ピンク系シャドウを上まぶたに広くのせると、色の重みで目がつぶされて腫れぼったく見えがち。甘さとデカ目を両立する、正しいピンクの使い方をレッスン!

1.

レッドピンクのパレットの左下を筆に取り、二重幅を少し越えるところまでオン。赤やピンクといった暖色系シャドウは膨張して見えやすいため、狭めにのせてぱっちり感を死守!

2.

手持ちのブラウンリキッドで上まつ毛の隙間を埋め、目尻は目の形に沿って5mmほど延長して。その上からピンク ピンクのパレットの左下を細くのせてラインをなじませつつ、キワを締めて目力を強化。

〝キワ締め〟でぱっちり!

3.

レッドピンクのパレットの上の赤ピンクを、下まぶたの黒目の下に点置きして左右にぼかす。ここに赤みを足すと目がうるんで見えて、愛らしく。濃すぎると逆に怖く見えるので薄めに!

02 Cheek・・・〝横長チーク〟でハッピー感を増し増し

人懐っこい印象を与える横長チークは、甘顔におすすめ。しかもフーミーのチークはツヤッと仕上がるから、頬にハリが出て若見え&幸せ感も倍増♡

2色を混ぜて耳の真横まで横長に

チークの左の2色を混ぜて筆に取り、笑ったときに高くなる部分から、耳の真横まで横長に入れて。こうすると頬が少し高く見えて、自然に愛嬌のある顔に。親近感がUPして、声もかけられやすく!

03 Lip・・・〝中央塗り〟で柔らかさと可愛げをトッピング

唇の輪郭まできっちり塗ると、強さやフォーマル感が勝り、可愛げとは真逆の印象に。あえて真ん中だけに塗り、〝んぱっ〟となじませてラフに仕上げると◎。

唇中央の内側部分だけに直塗りして

保湿した後、マットな質感のリップクレヨンを唇中央の内側部分だけに直塗り。その後、上下の唇を重ね合わせて輪郭まで色を広げます。こうするとふんわりとしたマットピンクの発色に。

Check!甘顔メイクするなら〝くすみとばし〟が絶対!

顔に影があるとお疲れ感が出るし、険しく見えがち。透明感の出るベースで肌を整えたら、クマ、目尻の赤み、小鼻周りと口角のくすみをコンシーラーでカバーして、赤ちゃんみたいな自然なツヤ肌に。

くすみ消しポイント

フーミーのコスメで今っぽ顔の完成♡

冒険したいわけじゃないんだけど、なんとなく毎日のメイクがマンネリ気味で飽きてきた・・・。そんなとき頼りになるのが、みんな大好き「フーミー」のコスメ♡赤やピンクなどの甘めカラーも、絶妙な発色や質感で大人が使いやすくなっているのが魅力。アラサーでもイタく見えないオシャレな甘顔になれちゃいます!

撮影/柿沼琉(TRON)[人物]、石澤義人[静物] ヘアメイク/森川誠(PEACE MONKEY) スタイリング/杉本実穂 モデル/新内眞衣 取材・一部文/北爪佳奈

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事