andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
手の使い方ひとつで肌が変わる♡プロ直伝、美肌になるスキンケア&最新コスメまとめ のメイン画像

教えてくれたのは水井真理子さん&小田切ヒロさん

左・水井真理子さん
美容家・トータルビューティーアドバイザー。豊富な美容知識とわかりやすいテクニックが大人気。肌を見ただけで、その人のスキンケア方法やライフスタイルまで見抜いちゃう!

右・小田切ヒロさん
ヘアメイクアップアーティスト。誰でも確実に小顔・美人度がUPする独自のメイク法や、美容だけにとどまらない幅広い知識にも定評あり。毛穴レスな超絶美肌がトレードマーク。

水井さん、小田切さんがレクチャー!美肌になれる〝手〟の使い方

「触れ方次第で肌は変わる!」と断言するおふたりが、正しいテクをわかりやすく伝授!肌負担を減らす〝抜きの手クセ〟を身につけることが美肌への近道!

Check!まずは皮膚の薄さと触れる力の目安を知っておいて!

肌をこするなと言われても、なんかピンとこない・・・って声もごもっとも!なので、まずは肌がどれだけ繊細かを把握して。想像以上にうっすいんです!

肌はとってもデリケート!高級な桃に触れるぐらいの優しいタッチで触ってね♡

高級な桃の皮って、ちょっと指先に力が入るだけでペロンと剥けちゃうもの。「宝物を扱うように」(小田切さん)丁寧になでるのが肌に触れるときの鉄則!

雑に扱うとキズ!へこみ!

肌に押し込むときの力は二の腕のお肉が持ち上がるぐらいの圧でOK!

化粧水を浸透させるときなど、潤いを肌へ押し込むときは、二の腕のお肉をムニッと持ち上げるぐらいの圧が◎。強くやるほど浸透するわけじゃないと心得て。

肌(角層)の厚みはたったのティッシュ1枚分!

目元はティッシュの2分の1枚分の薄さ!
肌のいちばん表面にある角層は、だいたいティッシュ1枚分の薄さ。つまりティッシュがヨレたり破れたりしないような力加減が、肌への触れ方の正解ってワケ! 

〝あるある〟な手クセはこうやってお直し!

日常でやりがちなNGな手クセに対して、正解をレクチャー!「少しぐらいなら」なんて思わず、今夜から改善すれば明日の肌が変わる!

01クレンジング

ある!ある!・・・お湯で洗っちゃう!シャワーですすいじゃう!

Point!すすぎは絶対に冷たくない水で行って!シャワーを使うなら、手を〝ひさし〟代わりに!

美容クリニックPR・andGIRL mates 三井菜那さん(28歳) 美容クリニックPR・andGIRL mates 三井菜那さん(28歳)

「すすぎは必ず約32°Cのぬるま湯で流しましょう。手ですくい洗いするのがベストだけど、シャワーを直接当てたいのなら水圧の刺激を和らげるために手でカバーを」(水井さん)

ある!ある!・・・早く終わらせたくて、ついゴシゴシしちゃう

Point!肌の状態を確かめながら行うと力が入りにくくなります!

「他のことを考えていると手に力が入ってゴシゴシ摩擦に。剤をなじませてメイクを浮かせることに集中して」(水井さん)「精油などリラックスできる香りを手首につけてからクレンジングすると、全身の力が抜けてほどよい力加減になりますよ」(小田切さん)

手首に癒しの香りをつけると力が抜ける

Check!小田切さんおすすめ!

マナラ ホットクレンジングゲル 200g ¥3,800/ランクアップ マナラ ホットクレンジングゲル 200g ¥3,800/ランクアップ

「クレンジングは2分かけて。摩擦を軽減できる厚みのあるテクスチャーのジェルが◎」(小田切さん)

あわせて読みたい

関連記事