andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
正しい髪の洗い方♡人気プロ直伝、トリートメント効果UPやツヤ髪を作るテクまとめ のメイン画像

答えてくださったのはこの方々!

ヘアメイクアップ アーティスト 朝日光輝さん 
LONESS 代表 本田治彦さん 
メイクアップアーティスト 陣内勇人さん 
ヘアメイクアップアーティスト 林由香里さん 
ヘアメイクアップアーティスト 室橋佑紀さん 
ヘアメイクアップアーティスト 後藤若菜さん 
AMATAオーナー ビューティプロデューサー 美香さん 
美容家 神崎恵さん 
モデル 宮田聡子さん 
モデル 美香さん 
モデル 朝比奈彩さん 
モデル 愛甲千笑美さん 
モデル 矢島舞美さん

ホームケア編・・・シャンプーとかトリートメントってずっと自己流だし。それだとダメなの?

正しい髪の洗い方がわからない!


洗い方
すすぎ方
乾かし方まで細かくレクチャー!

01まずは洗い忘れ・すすぎ残ししやすい部分をチェック!

コンサルティング会社勤・ andGIRL mates 高橋美有さん(29歳) コンサルティング会社勤・ andGIRL mates 高橋美有さん(29歳)

「顔周りと耳後ろ、襟足は洗い忘れやすすぎ残しも多い部分。洗い残しやすすぎ忘れがあると、肌荒れやフケ、ニオイの原因にもなるので、ここは特に丁寧に洗って」(AMATA 美香さん)

02とにかく〝予洗い〟をしっかり行うこと!

38度くらいのぬるま湯で1分ほどしっかり行って。
予洗いとはシャンプー前にお湯だけで、汚れやスタイリング剤をある程度落とすこと。「予洗いはすごく大事。スタイリング剤をここで落としておかないと、その後のシャンプーの泡立ちも悪くなります」(陣内さん)

03しっかり予洗いしたら、泡立てたシャンプーを頭皮にオン

「シャンプーで洗うべきは根元。マッサージするようなイメージで、毛穴につまった皮脂を洗い流して。すると血流がよくなり、肌トーンも上がるし、顔もリフトアップします」(朝日さん)

小さく円を描くように頭皮を洗うのが正解

「シャンプーを根元になじませたら、指のハラで小さく円を描くようにマッサージ。頭皮をしっかり動かしつつ、シャンプーを泡立てて。皮脂を乳化させて泡で包み込んで落とすイメージです」(AMATA 美香さん)

Check!こんな洗い方はNG!

爪を立てて洗うのはダメージの原因!

圧が弱すぎも×。地肌を動かして!

04毛先の汚れは泡をのばすだけで十分落ちる!

「シャンプーの際、毛先をゴシゴシと洗うのはダメージに直結するためNG。毛先の汚れは根元を洗う際にできた泡を行きわたらせるだけでほぼ落ちるから絶対にこすらないで」(AMATA 美香さん)

05根元にしっかりお湯が届くようにすすいで!

髪をかき上げながらすすいで

すすぎ残しやすい襟足も忘れずに

頭皮がキュッとするまで丁寧に洗い流して。
「髪をかき上げ、シャワーを垂直に頭皮にあてるように洗い流して。シャンプー剤が落ちると、頭皮のヌルつきが取れてキュキュッとするので、それを確認しつつ丁寧に」(AMATA 美香さん)

06乾かすときも根元→毛先の順で!

トップは多方向に引っ張りながら

毛量が多い後頭部は特にしっかり

乾きにくい根元から乾かすことが重要!
「毛先は傷んでいて乾きやすいため、毛先から乾かすとオーバードライに。まず手グシで根元をいろんな方向に引っ張りながらドライ。その後、中間→毛先の順に乾かしていって」(朝日さん)

あわせて読みたい

関連記事