andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
アラサー男子の残念LINEまとめ。受け取った女子が幻滅しちゃったメッセージ特集 のメイン画像

01たわいもない社交辞令にいちいち突っ込んでくる

「合コンでLINEを交換した1人の男子。話す機会はなかったものの、清潔感のある見た目で好印象だった。その後、相手から『この前はありがとう』っていうお礼のLINEが届いたので、『こちらこそありがとう』『今日は暑いね』って交辞令的に送ったら『いや、涼しいと思うけど。長袖着てるぐらいww』とわざわざ否定する返信がきた。それわざわざ言う?って感じが無理で、速攻ブロック」(20代女性/イベント会社勤務)

空気が読めない系の男子は地味にイラッとする

こっちは頑張って話を続けようと社交辞令的な内容を送ったのに、それすら否定してくる男子。まさかの天気の話すら否定されては、女子側もその後何を話していいかわからなくなってしまいます。

軽くスルーする話と掘り下げてほしい話を判別することすらできないのでは、「きっと出世しないんだろうなあ」と思われても仕方ありません。そこに悪気があろうと無かろうと関係ナシ。「言葉を選ぶ」ことができない男子とのLINEは長続きできません。

02自分の話しか送ってこない

「こっちは気を遣って『今日の仕事どうだった?』とか『大変だね』と聞いてあげてるのに、全く私に対しては質問してこない男子。『今日は〇〇があってね、疲れたよ、癒されたい』とか「自分にこんなことがあってこうされたい」とか全部自分のことしか送ってこない。『私はお母さんか!?』と疲れてくるし、私自身に興味を持ってくれてない人を相手にしていると虚しさしか残らない」(30代女性/事務職)

相手に全く質問をしないのはNG!

男の人の大半は人の話を聞くのが苦手。「自分の仕事が上手くいった」「上司に怒られた」「こんな趣味がある」等々、1人称でしか話せない人が多いです。女子がクエスチョンマークを駆使していろんな質問をしているのに、相手からの質問は全くナシ。そんなことを繰り返していると女子側が疲れてくるのも当然。

女子だって自分を知ってほしいと思っています。紳士的に男子側から質問してリードして欲しいのに、それをしてくれない・・・となると、LINEのやりとりをフェードアウト、という結果になってしまいます。

03デートの前日に3文字だけのLINE

「何回かご飯に行ってた良い感じの人がいたとき、その人からはデートの前日しかLINEがこなかった。しかも『明日暇?』ってまさかの3文字とか・・・。他愛のない話は既読スルーされ、LINEがくるのはデートのときのみ。『私は何として必要とされているんだろう?』と疑問に思ってしまい、結局ブロックすることに」(20代女性/アパレル会社勤務)

LINEが業務連絡みたいになっていたら終了のサイン

LINEが必要最低限の業務連絡みたいになっている男子に対して、女子は疑心暗鬼になってしまいます。「今日何してるの?」という日常的なやり取りがLINEの醍醐味。「会える?」のメッセージだけでは「大切にされてない・・・」と寂しくなってしまいます。

男子としては「会えたとき楽しければいいじゃん」と思っているかもしれません。しかし会ってないときも絶えず水をあげ続けないと女子側の愛は枯れてしまうのです。あっさりとしたメッセージしか送らない男子より、マメにやりとりをしてくれる男子の方に心が動いてしまうのが女心。

Point!アラサー同士のLINEは内容の深さがより大切になってくる!

もしこれが直接会って話をするのであれば、また違った印象を受けるのかもしれません。しかしLINEは文字だけ。だからこそ気を付けないと誤解を与えてしまうことだってあります。若い頃は瞬発力が命だったLINEの返信も、アラサーともなると相手を思いやるような返信をすることも大切です!

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事