andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
やっぱりスゴい!ヨーグルト最強伝説♡アラサーに効果的な食べ方とオススメ商品14選 のメイン画像

効果や食べ方、レシピ、注目の乳酸菌まで押さえてもっとキレイに役立てよう!

Check!ヨーグルトのココがすごい!

便秘解消や免疫力UP、美肌効果など女子にうれしい効果がいっぱい!

01便秘や下痢を改善!

腸内細菌のバランスが保たれ、便が作られる環境が整います。腸が正常に動いて水分を溜めなくなるから、便秘だけじゃなく下痢まで改善してくれるんです。さらに出たり出なかったり・・・な不規則なお通じも、規則正しく!

02耐性をUPさせて風邪やストレスから守る!

腸内の悪い菌を抑制する〝善玉菌〟のエサになるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌。善玉菌の活動を活発にして、外から入ってきた病原菌を退治する力を増加させます。さらに体の外的刺激への耐性が上がることで、ストレス軽減にも!

03肌荒れ知らずの強い肌を作ります

健康な肌を作るたんぱく質、肌のターンオーバーを促すビタミンB2、そして腸内環境を整える乳酸菌。肌を強く保つ要素がバランスよく含まれています。さらに腸内がキレイになって栄養の吸収率がよくなることも、美肌につながる!

04アトピーや花粉症などのアレルギー症状を緩和

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状は、免疫力が下がり、外部刺激に対して体が敏感に反応する状態のこと。ヨーグルトは基本の免疫力UPだけでなく、起きてしまった過剰な反応を落ち着かせる=症状を緩和させる効果まで!

ヨーグルトについて教えてくれたのは

女性ライフクリニック新宿 管理栄養士・前田あきこさん
栄養学における確かな知識で食生活をサポート。エイジングケアやホルモンバランスのカウンセリングが人気。http://w-welness.com/

Check!キレイな人も、みんなヨーグルトを食べてます!

美容家・神崎恵さん

フルーツ入りからスムージー、フローズンまで!

デザートっぽいのに罪悪感がないから、いろいろなアレンジで毎日食べます。おかげで肌の調子がいいんです♡フルーツはベリー系が多め。

モデル・RINAさん

自分でいろいろアレンジできる自由さが好き

フルーツを入れたり、マヨネーズの代わりに料理で活用するのが好き。写真は、ミキサーでグリンピースと混ぜ合わせたディップです。

ネイリスト・星玲奈さん

毎日欠かさず食べているから便秘知らず!

プレーンやフルーツ入り、その日の気分で色んなタイプを食べ分けています。グラノーラと混ぜて、朝ごはん代わりにすることも。

「いつ食べればいい?」「適量は?」ヨーグルトの基本を全部おさらい!

知っているようで知らない、ヨーグルトの基礎知識を紹介。生活にうまく取り入れながら効率的に摂取できるように、改めて確認してみて!

他の乳製品と比べてヨーグルトは何がいいの?

栄養価が高く、低カロリー!

牛乳を発酵させて作るヨーグルトは、栄養素が凝縮されていてたんぱく質やカルシウムが豊富。同じく発酵しているチーズより脂質が少ないし、元になる牛乳より消化がいいんです。夜食にも食べられる優しさが、他にはない魅力!

ちなみに・・・

Check!ヨーグルトの基本になっている乳酸菌は「ブルガリア菌」と「サーモフィラス菌」

組み合わさることで、より乳酸菌としての効果がUPするのがこの2つ。これらをベースに、各メーカーがいろいろな菌を加えています。

いつ食べるのが効果的?

夜がオススメ。でも朝でもいいことあります!

体が修復モードに入る夜に取り入れた方が、便通や美肌など、期待されている効果が実感しやすい。朝だと、外的刺激に対応する予防の力が発揮されます。

Check!朝食べると、感染予防になる!

日中のストレスに負けない腸の土台を作り、有害菌の感染力を抑えます。また、朝食代わりのタンパク源になり体内時計が目覚めるから、日中のエネルギー消費量が上がる効果も!

Check!夜食べると、効果実感が高くなる!

就寝中は外部からの邪魔が少ないので、ヨーグルトの栄養素が確実に体に入っていきます。効果を実感しやすいから、自分に合う乳酸菌を見つける作業にも◎。寝る前に摂って。

一緒に食べると効果的な食品って?

何でも合うけど、特にこの4つがオススメ!

基本的にNGな食べ合わせはなく、中でも鉄板のフルーツは何を入れてもOK。今回は+αな効果が期待できる4つをピックアップ!

Check!冷え性を改善!しょうが

しょうがは体を温める作用があるので、冷蔵保存のヨーグルトでも体を冷やす心配がなくなります。すりおろしがオススメだけど、苦手な人は市販のしょうがシロップでもOK。

Check!アンチエイジング効果も!ココア

鉄分や抗酸化力が高いポリフェノールなどを豊富に含むココアを混ぜれば、アンチエイジング効果が期待できます。無糖ココア+微糖ヨーグルトが、ヘルシーさも食べやすさも◎。

Check!乳酸菌の効果がUP!ハチミツ

ハチミツに入っているオリゴ糖は、乳酸菌と同様に町にいる善玉菌のエサになる働きが。相乗効果で腸内環境が整うから、ヨーグルトの栄養素がより吸収しやすくなります。

Check!お通じがよくなる!チアシード

チアシードに含まれる水溶性食物繊維でより便秘解消に!感想したまま入れて、ヨーグルトに含まれる水分だけで膨らませた方が、栄養素をフル活用できて効果的です。

ヨーグルトでダイエットする方法は?

とにかくちょっとずつ色んなものを置き換える!

おやつのお菓子を換えれば余分な糖を減らせるうえに、栄養価はUP。マヨネーズを使うときにヨーグルトを半分混ぜると、カロリーと油を大幅カット。一食まるっと置き換えなんてしなくても、これだけで充分効果的!

1日の目安量は?

100gが目安です

これが効果を実感できる最低量。もっと多くても問題ないけど、無理して食べてもおいしく感じず唾液が出ない→体の反応が鈍くなる→効果が実感しづらいという結果に。〝毎日食べても飽きない量〟が大切です。

温めた方が効果は出るの?

体を冷やさず、カルシウムの吸収もUP!ただ、やりすぎると菌が死んじゃう

温めると、体が冷えないしカルシウムの吸収率も高まります。ただし、高温だと乳酸菌が死んでしまうので、40℃前後を目安に温めて。死菌でも腸内の掃除役としては役立ちますが、便秘改善の効果は期待できません!

飲むタイプと食べるタイプの違いは?

脂質の量が違う!飲む方は体の修復に。

飲むヨーグルトは、固形タイプのものより脂質が少なめ。その分たんぱく質の割合が増え、疲労回復に効果的な栄養バランスに。飲むと体の修理作用が早まるから、運動後やハードな仕事のあとに飲めば疲れが和らぎます。

ヨーグルトパックって本当にいいの?

ニキビに美白、毛穴のつまりに効果が期待できる!

PR・渡辺真由子さん PR・渡辺真由子さん

ヨーグルトに含まれる乳酸が、角質を柔らかくして肌のターンオーバーを促します。普通のピーリング剤よりマイルドだから、肌に優しくて安心。大さじ2〜3の無糖タイプを、洗顔後に塗って5分後に洗い流して。週に 1回、夜の使用が◎。

パックについて教えてくれたのは

青山研美会クリニック・阿部圭子さん

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事