andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
飲む美容液!甘酒最強伝説。アラサー世代が注目すべき甘酒の効果とオススメ商品10選 のメイン画像

美肌、ダイエット、アンチエイジングetc.こんなにキレイに効く!!

Check!アラサーGIRLに大ブーム中!こんなにスゴイ、甘酒の効果効能

甘酒には米麹由来と酒粕由来の2種類あり!どちらも栄養たっぷりデス!

教えてくださったのは

管理栄養士・伊達友美さん
日本アンチエイジング・ダイエット協会理事。ダイエットスクールなどを主宰する他、「食べ合わせダイエット」や「発酵食品」に詳しく、手軽にボディラインと肌を美しく変身させる実践法で人気!

01ストレスや疲れを癒し、美肌&美髪を作ってくれる!

甘酒に含まれる分岐鎖アミノ酸(BCA A)には、脳の疲労を抑え、ストレスを感じにくくさせる効果が!肌や髪、筋肉の合成も促してくれるので、疲労回復が早まり、肌や髪、ボディラインも美しくなるんです。

02酒粕由来の甘酒で睡眠の質向上と美白肌が手に入る!!

酒粕に含まれる清酒酵母には、深い眠りに導く脳内物質、アデノシンを活性化させる働きがあるんだとか!さらに、酒粕には美白成分のコウジ酸も含まれているので、肌の透明感もグンとアップ!!

03ビタミンB群パワーで代謝が上がってダイエット効果も!

甘酒には脂質やたんぱく質、糖質の代謝を助けるビタミンB群が含まれているので、飲むだけでダイエット効果が。特に米麹由来は無糖でも甘く飲みやすいので、間食に置き換えれば、無理なくカロリーオフ。

04豊富な食物繊維で腸内環境が整い便秘とおさらば!

米麹も酒粕も、元をたどれば原料は米。その米に含まれる食物繊維とオリゴ糖が善玉菌のエサになり、腸内環境を改善。便秘が良くなるのはもちろん、「腸は肌の鏡」と言われるだけに、肌トラブルも撃退!

05熱放出パワーで血流アップ!!体の中から冷え改善

甘酒には、エネルギーの源であり、点滴にも含まれているブドウ糖が豊富です。これらが代謝されると熱が発生し、血流がアップ!だから、体を中から温め、冷えを改善するパワーが絶大なんです。

06シミ、シワ、くすみ・・・アンチエイジング効果がスゴイ米麹由来の甘酒

米麹由来の甘酒に含まれる含硫アミノ酸は、活性酸素を除去する力が強く、シミ、シワ、くすみ、光老化の改善にパワーを発揮。水に溶けやすい成分なので、甘酒で摂ると吸収しやすく、効果が倍増しちゃうんです。

「いつ飲めばいい?」「どう選ぶ?」甘酒の基本を全部おさらい!

知っているようで知らない、甘酒の基本をチェック。せっかく飲むなら、ちゃんとキレイになれる飲み方や選び方を知っておきましょ♪

いつ飲むのがいいの?

ダイエット、冷え改善には朝!便秘改善には夕方飲むのがBEST!

ダイエットや冷え改善が目的なら、朝飲んで代謝を高めて・便秘改善や美肌、アンチエイジングが目的なら、腸内環境は寝ている間に整うので、逆算して16〜18時に飲むのがベスト。

甘酒ってお酒なの?

酒粕由来でもアルコール度数は1%!

酒粕由来の甘酒のみアルコールを含むけれど、大半の市販品はアルコール度数1%未満なので、ソフトドリンクに分類されるんです。

甘酒でダイエットする方法を教えて!

米麹で作った甘酒を豆乳で1:1で割って間食に置き換えて!

酒粕由来の甘酒は、砂糖で甘みを出しているので、ダイエット目的なら砂糖不使用でも飲みやすい米麹由来のものを。ダイエット中はたんぱく質が不足するので、それを補う意味でも豆乳で割り、間食や夜食に置き換えるのがオススメです。

どれくらいの量を飲むのがいいの?

コップ1杯程度。摂りすぎても体外に出ちゃいます

甘酒は「飲む美容液」と言われるように、かなり栄養成分が濃く、摂りすぎても体外に排出されるだけ。コップ1杯程度が最適です。

温かいものと冷たいもの、どちらがいいの?

ダイエットにはHOT、腸内環境を整えるにはCOLDで!

ダイエットには、ホットの方が満腹感を得られ、代謝も上がりやすくなります。ただし、温めると菌や酵母は多少減るので、腸内環境を整えたいなら、冷たい状態で飲んで!

玄米や黒米でできているものは、効能に違いがある?

玄米は新陳代謝UP、黒米は活性酸素に効く

ミネラル豊富な玄米は、新陳代謝を活発にするので、ダイエットや肌質改善により効果的。黒米は抗酸化成分・アントシアニンが豊富なので、生活習慣病の予防やアンチエイジングにいい!

たくさん商品が出てるけど、どれを選べばいい?

1週間飲み続ければ自分に合っているかわかる!

含まれる菌や酵母は商品ごとに異なるので、1週間飲み続けて、肌や体の調子が良くなれば、自分に合っている証拠。または、ダイエットには砂糖不使用の米麹、冷え改善なら温め効果のある塩入りなど、目的別に選んでみて。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事