andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
無印良品 銀座は日本初の〝泊まれる無印〟オープンしたばかりお店に潜入レポート♡ のメイン画像

「無印良品 銀座」ってどんなところ?

ホテルやレストランも入った世界最大の「無印良品」です!

4月4日(木)にオープンした「無印良品 銀座」は、B1Fが「MUJI Diner」、1F~5Fが「無印良品」、6Fにはデザイン文化を発信する「ATELIER MUJI GINZA」、日本初の「MUJI HOTEL GINZA」のロビーと、ホテルのレストラン「WA」があり、7F〜10Fが「MUJI HOTEL GINZA」の客室になっている、超巨大なスポットなんです!

01食へのこだわりがいっぱい!

「無印良品 銀座」の目玉の1つが〝食〟。食に関する新しいサービスや商品が大充実しているんです!

朝7:30から素材にこだわったおいしいパンが買える!

まず、お店に入ってすぐに目に飛び込んでくるのが「ベーカリー」。こちらは、朝の7:30から夜の21:00まで長時間営業していて、出勤前にランチ用のパンを買ったり、仕事帰りに翌朝の朝食用として買ったりすることができちゃうんです。

モチモチの食感の「ロールパン」(90円)

ロールパンやカレーパン、クリームパンなど、みんなが大好きな定番のパンが常時20種類ラインナップ。中でも一押しは、「ロールパン」(90円)。北海道産の小麦粉「春の力」を使用し、ゲランド塩がアクセントにトッピングされた素朴な味わいです。カレーパンのカレーやクリームパンのクリームは、自家製のものを使用するなど、随所にこだわりが。値段も200円以下のものが多く、買いやすいのもポイントです。

新鮮野菜&果物が並ぶマルシェが出現!

旬の野菜や果物がズラリ!

1Fには、他にも食に関するスポットが目白押し!店内には、信頼できる生産者から届く野菜や果物を取り扱う「マルシェ」が出現。無農薬や減農薬など、栽培方法にこだわった安全で安心な食材が手に入ります。さらに、毎日試食が行われていて、その野菜の栽培方法やおいしい食べ方などを教えてもらえるのがうれしい♡

新鮮で色あざやかなパプリカ。
ミニトマトは仕事中のヘルシーなおやつとしてぴったり。

新鮮なジュースが買えるスタンドも!

「マルシェ」の横にできたのは、旬の野菜や果物を使った新鮮なジュースが手軽に飲める「ジューススタンド」。ラインナップは、「いちごビーツ」「オレンジキャロット」「アボカドケール」「ジンジャーパイン」の4種類。どのフレーバーにも、スパイスやハーブをアクセントとして効かせているので、後味が爽やかなのが特徴です。

手前より、「オレンジキャロット」「いちごビーツ」「ジンジャーパイン」「アボカドケール」。どれもSサイズ税込350円、Mサイズ税込480円。

こちらの「ジューススタンド」では、森林ノ牧場で取れた牛乳を使った「ジャージー牛乳のソフトクリーム」もいただけます。ソフトクリームは、濃厚な味わいとさっぱりとした後味の「プレーン」と、京都産茶葉を使った香ばしい「ほうじ茶」、「ミックス」(すべて税込380円)の3種類。お店に行ったらぜひ味わってほしいメニューです。

あわせて読みたい

関連記事