andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
膣トレで美しいくびれを手に入れる♡姿勢改善〝膣締めメソッド〟でカラダは変わる のメイン画像

膣を締めることで、インナーマッスルが鍛えられる

膣の下部には、骨盤底筋という筋肉があり、ハンモックのように内蔵を支えています。この骨盤底筋を重力に逆らい引き上げること(膣を締めること)で、さらに〝天然のガードル〟と呼ばれる腹横筋、背骨を支える多裂筋、呼吸を助ける横隔膜の合計4つのインナーマッスルが鍛えられます。

膣を締めるとこんなメリットが!

  • 尿もれ、湯もれ(湯船から上がった時に膣から湯がもれること)の改善
  • 便通がよくなりたくさん食べてもするする出るため、太りにくいカラダに!
  • 生理痛やPMSの改善
  • 腰痛改善

Point!膣締めをする前に絶対に必要なのが「ほぐし」

ここでいう「ほぐし」とは、筋膜リリースのこと。姿勢の悪さが積み重なったり、運動不足などによって筋肉は癒着し、かたくなり、可動域がどんどん狭くなっていきます。それらを解きほぐしてしなやかな状態にし、可動域を広げることで、膣締めのトレーニングの効果を出やすくすることが最初の課題。ほぐしには、専用のボールか、もしくはテニスボールを使用しましょう。

「ほぐし」の基本とポイント

自重で圧をかけること

深部の筋膜をほぐすためには、強めに圧をかけなければなりません。自分の体重をしっかりボールにのせることで、ピンポイントで圧迫できます。

圧をかけた状態で伸ばす

圧をかけたままストレッチすることで、縮んで固くなった筋膜を伸ばします。一方向だけではなく、斜め、横と多方向に伸ばして。

リラックスしておこなう

息を止めるとカラダに力が入って固くなり、ほぐしにくくなります。痛くてもゆっくり息を吐きながら、リラックしておこなって!

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事