andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
2019年の最強パワースポット!長崎県・壱岐島へひとり旅してきました のメイン画像

01神社が100以上もある壱岐は島全体が聖地!

壱岐島は博多港から高速船で約1時間10分。車なら2時間半ほどで1周できる小さな島です。そんな小さな島なのに建立から1000年以上の神社や古墳が数えきれないほど存在する神秘と歴史の土地なのでございます。

 神社を巡るならレンタカーか貸し切りタクシーですが、案内の看板がこれでもかと出てるわけではないし、ガードレールもないほっそい山道を行くところも多いので、初めてなら貸し切りタクシーがオススメ。

今回の旅は観光半日だったので、4時間の観光タクシーを頼みました。

暁玲華さん一押しの「爾自神社」には神風パワーが宿るご神体の巨石が

まずお参りしたのは「爾自(にじ)神社」。こちらは「風神・級長津彦神(シナツヒコノカミ)を祀り、風の神様の発祥といわれる神社。本殿の裏にある巨石には、神功皇后の三韓出兵を神風で勝利に導いたとされる伝承があり、本気で道を切り開きたい人を後押ししてくれます」(andGIRL1月号p.105より)とのこと。

岩が割れて神風が吹き出したという巨石!なんかパワーありそうです!この石の周りは方位磁石が効かない強い磁場になってるとか(試そうと思ってたのに忘れた・・・)。長野県の分杭峠と同じですね。ちなみにandGIRL取材班のカメラマンは割と霊感があるらしいのですが、この石のパワーに当たって具合が悪くなり早々に退散したそう。あまりにパワーが強いと湯当たりならぬ気当たり? することもあるって聞きますもんね。0感の私は全く平気でしたが。

神社自体は常駐の宮司さんもいず、小さいですが神さびた厳かな雰囲気。タクシーの運転手さんに「爾自神社へ」と言うと「ツウだね」と言われました。

男嶽神社・女嶽神社はセットで参ると良縁に恵まれる!

猿田彦命を祀る男嶽(おんだけ)神社。猿の石像がたくさん供えられてます。こちらもご神体は巨石。拝殿の裏にあるのですが、特に案内板もないので知らないとスルーしてしまいそう。現に女の子2人組が拝殿にお参りした後すぐ帰ろうとしていたので、ワタシのタクシーの運転手さんが教えてあげてました。

Check!女性なら女嶽神社もお参りしたほうがいい!ただならぬパワーの巨石が!

当初はあまり情報もなく行く予定のなかった女嶽(めんだけ)神社。しかし宿泊したホテルの女性スタッフが、壱岐にホレこんで東京から移住したという人で、オススメスポットを聞いたら女嶽神社が凄いと。こちらのご神体の巨石からはグワングワンするほどのパワーを感じて、終わった生理がまたすぐ始まったそうな。男嶽神社とセットで行くと良いということで急遽予定に入れました。

女嶽神社は山の中にあって道が結構ハード。対向車来たらどうすんだ!?みたいな細い非舗装の道を行きます。御祭神は猿田彦命のお嫁さんの猿女。で、男嶽神社とセットでお参りすると良縁に恵まれるそう。

お社から出て結構離れたところにご神体の巨石があります。こちらも案内板は見当たらず、知らなかったら行けないと思います。

ここの巨石はホントにデカッ!な、なんだか並々ならぬ迫力を感じます。地元民の運転手さんまで「パワーあるねえ・・・」と改めて感じ入ってました。待ち受けにしようかな。

壱岐島でいま人気No.1の月読(つきよみ)神社は日本神道発祥の地!

たぶんここがいまいちばん人気のスポット。1500年以上の歴史を持ち全国の月読神社の元であり日本神道発祥の地とされている格の高い神社です。

事前に検索したときも多くのスピ系の人がこの神社を推してました。こちらは社務所もありお守りも買えます。参拝客もここがいちばん多く、1人で来てる女子も結構見かけました。

暁玲華さんの2019年オススメ神社その2の住吉さんにも参拝

暁さんが誌面で推薦されてたのは大阪の住吉大社ですが、こちらも同じくらい格の高い住吉さんということで。境内には壱岐島最大の楠があり、明るくて清々しく気のいい神社でした。

今回私が行ったパワスポはだいたいこんなところです。

続いて、それ以外の旅の情報を。

あわせて読みたい

関連記事