andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
LINE恋愛術♡既読スルー確定。アラサー男子が返信したくないLINEの中身5選 のメイン画像

01文句や日々の愚痴を送る

「なんで昨日の夜LINEの返信なかったの!?」とか「〇〇くんはいつもそうやって話ごまかすよね!」という彼氏に対する文句・・・に対してはもちろん返信したくありません。

また「仕事残業多すぎてつらい」「上司に今日も怒られた」などの愚痴が多い場合も、返信したくないLINEにカテゴライズされてしまします。たまにならいいのですが、毎回続くと、いくら彼女でも面倒くさく思われてしまいます。

文句や愚痴を送って、既読スルーされることで彼氏に対しての怒りを増幅し、またその怒りをLINEでぶつけると永遠にスルーされる道を自ら歩んでしまっていることになりかねません。

LINEするなら「今日も仕事お疲れさま♡」など、彼氏が癒される内容にしましょうね。

02どう返信すればいいのかわからない短文

返信に困るのは「短文すぎるLINE」。同意ではあるものの「うん」「だね」「わかる」のみを使われては、相手は黙るしか手段はありません。「そっちから他の話を振るとか、なんか会話を広げてよ」と女子側は思うかもしれませが、彼氏は会話のプロでもなければ普通の人間。

また返事のみのLINEでは「LINEしててつまらないのかな?」と思ってしまうので、相手も「もう今日は返信いいや」と諦め、スマホを投げてしまいます。

03何が言いたいのかわからない長文

短文がダメなら長文で勝負!と言わんばかりに、長々と改行もせずに今日1日あった出来事を話す・・・もダメ。

面と向かって会話する時は長い話でも大丈夫ですが、LINEは読まなければいけないため長い文章が目に入っただけで読む気が失せてしまいます。

その上「結局何が言いたかったんだろう」という「言いたいことが何かわからない内容」は、さらに彼氏側の返信テンションはダウン。

「ただ思うままに自分の言いたいこと書いてるだけかよ」と感じられる長文は「読む方の苦労」を考えていません。「自分のSNSでやってくれ」と100年の恋も冷める結果に。

04突然すぎる誘い

「今日これからご飯行かない?」と日曜の夜にのお誘いのLINE。明日仕事で既にブルーになっている時間帯に誘われるLINEほどスルーしたくなるものはありません。また「今近くで友達とご飯食べてたんだけど、出てこれない?」という真夜中の誘いもかなり億劫。

こういう内容に対しては彼氏は「既読スルー」を使い、次の日に「あ、ごめん、昨日は忙しくて。返信返すの忘れてた」という言い訳で、既読スルーを怒られないように回避します。

「返すの忘れてた」は既読スルーの言い訳の常套文句なので、「忘れてた」のではなく「返信したくなかった」と解釈してください。

05ポエムチックな内容

好きすぎて好きすぎてついやってしまいがちな「愛をこめたポエム的な文章を送ってしまう」という失敗。

彼氏が仕事に熱中している時に「アナタのことを照らす太陽になりたい♡」と送ってこられても「今はそのテンションじゃない・・・」とスルーしたくなってしまいます。現実にどっぷり浸っている時に送られると「なんかキモイ」とすら思われてしまうことに。

Point!LINEは軽く、会った時に重きを置きましょう♡

既読スルーされないためには「相手が簡単に返信できそうな内容」を意識。LINEに重きを置くよりは、会った時間に重きを置いた方が絶対に関係は上手くいきます。LINEはつながりをキープしてくれるものと考え、やりすぎLINEは控え目にしましょうね♡

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事