andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
不倫、メンヘラ、無職。不安しかないけど彼が好き。先が見えないアラサーの生きる道 のメイン画像

今回のお悩み

不倫バレして別れた元カレ(無職)が泣きながら依存してきます

彼とクラブで出会ったのは4年前。互いに音楽好きで意気投合。一緒にフェスに行ったり、みんなでBBQしたり、そして仕事の相談をしたりするうちに、体の関係を持つようになりました。彼の人となりや仕事仲間から慕われている姿を見て、尊敬していたし、本当に大好きでした。しかし、彼は既婚者。「嫁のことはもう愛してないし、長い間セックスもしてない。何度も別れ話をしているが、彼女が首を縦に振ってくれないだけ」という彼の言葉を信じて2年間付き合いましたが、なんと奥さんが妊娠。ほとんど我が家に入り浸っていたくせに、月に数回帰ったときにやることやっていたのかと、さすがに怒り心頭。奥さんからも私に「別れてくれ」と連絡が来てしまったので、一度そこで関係を断ち切りました。でも本当の地獄はそこから。彼の方が私に依存していたらしく、別れてすぐパニック障害にかかり、大好きだった仕事も辞め、毎晩のように泣きながら「会いたい」と電話をしてきました。「乳飲み子を抱えた大人が 何言ってるんだ!」と怒りましたが、それでもすがってくる彼を無碍にできず、また受け入れてしまいました。さすがにそんな状態で、奥さんはこちらに攻撃することをやめ、無職の彼が高額の慰謝料&養育費を払うことで離婚成立。その後、彼は完全に我が家に移り住みました。離婚成立から半年、いまだにメンタルが不安定ゆえに無職でヒモ状態。彼の親も私任せに。彼のことは今も大好きですが、そろそろ立ち直ってほしいです。あまり強く言えないのですが、彼を奮起させるにはどうしたらいいですか?彼が大好きな一心でここまできましたが、正直、将来がとても不安です。

01不倫・依存・無職。不安要素がてんこ盛り

ぐっと寒くなってきましたね。女性にとって冷えは大敵。美容にもよくありません。本命ニットに本命コート、漫画『妖怪男ウォッチ』1巻(宣伝です)、そして「無職の不倫おじさん」 を業火にぶちこんで、体をしっかりとあたためましょう。

はーーーーー。もうさー、燃やせばよくない?ねえねえ、燃やせばよくない?周囲の人からさんざん言われていることとは思いますが、あえて心をピュアにして言ってみました。相談文が担当編集者さんから送られてくるとき、ここ3回ぐらい連続で「今回は重めです」というコメントつきなのですが、今回も重い!彼が!精神・金銭面において彼は自立していない状態で、アンズさんの助けを必要としています。アンズさんの他に助けてくれるヒューマンリソースはなし。かつ、慰謝料と養育費という経済的負担も抱えています。重い。不安要素がてんこ盛り。

02彼の現状をしっかり理解しているか?

アンズさんはそれでも「彼のことは今も大好き」で、彼をサポートしています。スゴイヒロイ・オーシャン並みの心をお持ちです。なかなかできることではありません。アンズさんが彼を大好きで、今後も支えていくつもりがある・・・何も問題ない・・・圧倒的世界平和・・・。だったらいいのですが、相談文を読む限りでは不安を覚えます。なぜならアンズさんには「そろそろ立ち直ってほしい」「奮起させたい」つまり 「そろそろ変わってほしい」という期待があるからです。アンズさんの願いが叶う見込みはあるのでしょうか?まずは彼の現状をおさらいします。

Check!

  • 精神リソース:パニック障害で、メンタルが不安定。アンズさんに依存。
  • 金銭リソース:無職。パニック障害のために働けない。慰謝料(1回の支払い)+養育費(子どもが独り立ちするまでの継続支払い)という負債あり。
  • 身体リソース:健康面での問題なし。
  • 人間関係:手助けなし。彼親は放置。むしろ子どもを助けなければならない立場。

なかなか厳しい中、アンズさんはこの現状を受けとめて彼をサポートできていますが、それはあくまで「半年」という短期間の話。「半年経過したのでそろそろ立ち直ってほしい」と書いていることから、アンズさんは「半年ぐらいしたら彼も落ち着くかもしれない」「未来のことを考えられるかもしれない」と期待していたのではないでしょうか。だからこそ「彼を奮起させる方法」を相談しているのだと思います。

03現状の認識が楽観的なのでは?

一方、彼の現状はアンズさんの期待とはズレているように思えます。理由は彼の「パニック障害」です。パニック障害は、強い不安とともに動悸や息切れなどの症状が繰り返し起こる病気で、専門機関による治療が必要です。詳細は専門機関に問い合わせていただきたいですが、 通院、投薬治療、認知行動療法を用いることが一般的です。

彼が専門機関に「パニック障害」と診断されたのか、治療しているのか、治療が必要なレベ ルなのかは不明ですが、少なくとも会社を辞めざるをえないレベルです。しかし、アンズさんは「パニック障害には治療が必要」と認識していないように思えます。「もう半年も経った」 とアンズさんは思っているのかもしれませんが、元の生活レベルに戻すには、もっと時間がかかる可能性が高いです。これから数か月から数年かかる場合もあります。以上はあくまで一般論ですので、アンズさんと彼がきちんと現状を把握する必要があります。どちらにせよ、アンズさんの期待と現状にはギャップがあります。アンズさんはかなり楽観的に現状を見積もっているように見えます。楽観的な現状認識のまま将来のことを考えても、期待通りにいかない可能性が高いです。

04「仲の良かった昔の彼」が好きなの?「今の彼」が好きなの?

1つ考えてほしいのが、アンズさんが求めている「彼」像です。アンズさんは「かつて不倫時代に仲がよかった彼」が好きなのでしょうか?それとも、不安定な今の彼も含めて好きなのでしょうか?もし「元に戻ってほしい」 願望が強く、今の彼は「一時的なイレギュラーで、すぐ元に戻る」と期待して我慢しているのなら、現状を正しく認識した上で「本当にこの生活を続ける覚悟があるのか?」を考えた方がいいでしょう。上述の通り、彼が元の状態になるには、金銭と時間のコストが長期的にかかる可能性があるからです。

05「彼が大好きな一心でここまできた」なら立ち止まれ

また、アンズさんは「彼が大好きな一心でここまできました」と書いています。愛のために全力を尽くすことは素晴らしいですが、「現実を直視せずに突っ走ってきた」危うさもあります。 愛と期待を胸に突き進むことはできますが、これは全力疾走をしているようなものなので、持続的ではありません。いつかどこかで疲れて息切れしてしまいます。

人間は、期待した通りに物事が進まないと不安になる生き物です。すでにアンズさんはだいぶ不安なようです。なら今ここで立ち止まりましょう。彼が泣きついて転がり込んできたので、「面倒を見なきゃ!」ととりあえず目の前のことに対処する気持ちはよーくわかります。ですが、不安なら自分のためにちゃんと立ち止まりましょう。でないと、アンズさんと彼が共倒れしてしまいます。現状の不安定な彼を、予定よりも長くサポートする覚悟とリソースがあるか、慰謝料と養育費を持続的に支払う環境を整えられるか、楽観的な現状認識を見直して、もういちど考え直してみてほしいです。

06結論

過去ベースに考えずに『今の自分と彼』を把握しよう

彼を奮起させるにはどうしたらいいですか?彼が大好きな一心でここまできましたが、正直、将来がとても不安です・・・。

アンズさんは、彼の現状をあまり正しく認識しておらず、見積もりが甘いように感じます。

彼がパニック障害で仕事を辞めなければならないレベルなら「奮起させる」ていどではどうにもならず、治療が必要な可能性があります。彼と一緒に専門機関に行き、意見を聞き、正しく現状認識をした方がよいでしょう。「半年経ったから、そろそろ立ち直ってほしい」という期待も、見直す必要があります。治療にかかる費用と時間をサポートする覚悟とリソースがあるか、自分に問い直してほしいです。

かつ、不安定な彼のことを考えるのはもちろんですが、「自分の不安」についてもしっかり考えてほしいです。正直なところ、彼は「嫁とはしてない」と嘘をつきながら子どもを作っており、別れてからもアンズさんに依存するなど、 かなり自分勝手。アンズさんがそういう自分勝手で負担がかかる彼をそのまま受け入れてサポートしたいというなら、止めません。しかし、「最初の頃に好きだった、尊敬できる彼に戻ってくれる」という期待のみで突っ走っているのなら、その期待をいちど全部捨て、今の自分の気持ち、今の彼の現状をしっかり見て、「自分はどう生きたいのか」ゼロベースで考えた方がよいと思います。

未来のことを考えるとき、現実を見ずに、楽しかった過去ばかりを見て、「過去のあの頃に戻ってほしい」と考えることはリスキーです。 なぜなら未来はどこまでも現実の延長だからです。現実を正しく認識せずに、未来を考えることはできません。アンズさんはとてもよくがんばっていると思いますので、ぜひ自分のために立ち止まり、「今の自分と彼の現状」をしっかりと把握してほしいと思います。もし自分の期待と彼の現状にギャップがあるのなら、シビアですが、お別れも検討した方がいいでしょう。

不安定な彼を放っておくことができない気持ちはよーくわかりますが、アンズさんの幸せはアンズさんが考えて選び取るものです。アンズさんは、彼のために滅私奉公するお世話係ではありません。彼と一緒にいることで、楽しい未来を考えられなかったり、不安ばかりが募るなら、関係を断つことを強くお勧めします。

イラスト/小迎裕美子 取材・文/伊藤彩子

あわせて読みたい

関連記事