andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
LINE既読スルー問題、イイ女と思わせる対処法♡彼氏から返信がない時の正解は? のメイン画像

既読スルーは未読スルーより罪深い理由があるのです

昔はLINEではなくガラゲーでのメールのやり取りがメイン。だからこそ“既読スルー”という言葉も存在せず、メールの返信が来なくても「忙しいのかな?」と、今よりは心配することも少なかったのかもしれません。しかしLINEでのやり取りがカップル間の主流になり…そして始まった問題が「既読スルー問題」。既読スルーの何が罪か?と言われれば「読む時間もあるなら返す時間もあるだろ!」「私、何か悪い内容送ったかも……もしや嫌われたかもー!」と思わせてしまうこと

感情に任せると危険!?既読スルーを気にする度に自爆への道へと進んでいくことも…

ただそんな怒りに任せて「なんで返信してくれないの?私のことももう好きじゃなくなったんでしょ!!」なんて烈火のごとく突然怒りのLINEを彼氏にくらわせては、自爆しにいっているようなもの。そこで既読スルーされた時の対処法を伝授します!

Check!まずは、男子は基本的にLINEが苦手な生き物ということを理解しよう!

男性は女性を追いかけたい生き物(つまりかまってちゃんはウザく感じる)。なので、大半の男子はマメに連絡を取ることが苦手な人が多いのです。返信がないからといって、「嫌われたのかな?」「え、なんで連絡くれないの?!」と、心配しすぎないようにしましょう!

既読スルーされたときに、すべき行動はこちら!

01返信が遅くても平気ないい女を装う

「既読スルーされたらめっちゃ気になる。夜も眠れないぐらいに気にしてる…。でも絶対にこっちから催促LINEは送らないと我慢。すると必ず3日後ぐらいに返信がくる。『ごめんー、バタバタしてたー』と相手は軽いノリ。だからこそこっちも『いや、別にいつでも返信してくれていいよ!それよりさ…』と話題を変えて“全く気にしてなかった体”を装う。そうすると“コイツはLINEの返信はノンビリでも大丈夫”と思ってくれて彼氏の負担にもならない。これでもう3年続いているから、負担にさせないことが大事」
(20代女性/アパレル)

返信しなかったことでますます返信しにくくなっているのは彼氏側。「読んだけど返信する内容を考えているうちに2日も経ってしまった…」なんて女子には考えられませんが、話下手な男子には大いにあり得ること。その上“返信したら絶対に怒っている彼女がLINEの向こう側に待っている”ともなればますます返信する気がなくなってしまい、最悪別れたくなることも。

“LINEの返信が遅い”と“別れ”どっちが嫌か?と自問自答してみれば当然“別れ”ですよね。だからこそここは「返信をひたすら待つ」「返信が遅れたことを決して責めない」ということが大人の対応に。返信が遅れても何も気にしてなかった風に違うトーク内容に持っていくか、または「寂しかった♡でも返信ありがとう!」と可愛く返信すること。そうすることで彼氏の負担も減り、結果長続きもすることに。

Check!「可愛い女」と「重い女」は紙一重だから、気をつけて!

重い女が可愛いのではなく負担になってきたら男性は終わらせたいと思う生き物。返信を健気に待ち、そして返信がきたら「返信なくて寂しかった」と伝えられるのが「可愛い女」。返信を待てず「なんで返信くれないの?」とせめるのが「重い女」。あなたは「重い女」になってない?

02LINEの内容は彼氏目線で

「そもそも既読スルーされる時って相手も返信の内容を考えなきゃいけない時とか“聞いて聞いて”の内容だからだと思っている。だから私は徹底して“聞く側”“励ます側”で送る。すると既読スルーされる率はかなり減る」
(20代女性/会社員)

Point!既読スルーされるにはされる側に問題がある

「返信に悩む内容」「返信したくならない内容」だから返信できない、返信したくないのは仕方ないこと。まずは相手が返信しやすい内容を送ること。

既読スルーされるにはそれなりの理由があるからこそ。「今日のランチはここで食べたよ♡」との写真付きLINEを、彼氏が汗水たらして忙しく働いている時間帯に送られてきても返す気にはなりません。「今こんなことしてるよ!」とか「私はこんなに大変なの!」アピールはやりすぎると相手を疲れさせるだけです。自己満足のみの内容になってはダメ。まずは“彼氏目線”であることが最優先。

「今日は暑いけど、水分摂るの忘れないようにね(かわいい絵文字)」「頑張りすぎる〇〇くん。仕事落ち着いたら一緒にまったりしよう♡」と、とにかく彼氏が癒される内容であることを意識しましょう。あえて彼氏が饒舌になりやすい趣味の話を振ってもいいかもしれませんね(たとえ自分は興味がなくとも…)。

03やはりマメな性格、そうでない性格はあるという違いを認める

「元カレはマメな男だったからその日のウチに必ず返信が来るのは当たり前。でも今彼は既読スルーどころかスマホすら持ち歩かない日もあり、そして頻繁にスマホを紛失する…。もう一週間返信がないぐらいでは、動じないようになりました」
(30代女性/自営業)

Point!返信のスピードが愛情の比率とは、なんの関係もない場合もある

返信が早いから「私、愛されている!」は間違い。早くてもイキナリ振られるケースだってあります。返信の早さは性格によるところも大きいのです。

どんなに癒しの内容を送ろうとも、返信が遅い男性は一定数存在します。既読スルーが続く男性は誰に対してもそうであり、どんな内容に対してでもそうなのです。つまり返信のスピードが愛情の比率とはなにも関係ない場合もあるということ。

どんなに優しい内容を送っても返信はいつも3日後~1週間。そういう男性は「マメじゃない、LINEが苦手な人なんだ」と割り切って“不安になる時間が無駄”と自分の時間を楽しんだもの勝ち。別に相手は自分のこと嫌いだから返信しないワケではない、と理解すると不思議と何も気にならなくなるのが既読スルー。

ただ「どうしても返信が遅いのが嫌だ!」「「愛されている感じがしない!」と思うのであれば自分から別れるという選択だってあることをお忘れなく。

既読スルー問題よりも、会った時に楽しめれば大丈夫

返信が欲しい時は“相手が返信したくなるような内容”を送ることがポイントに。ただ一番のイイ女は何事もなかったように振舞うことができる女。既読スルーされると不安になるのが乙女心、しかしLINEの返信速度ばっかりに気をとられて二人の関係を楽しめなくなることは本末転倒ですよ。

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事