andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
歩き方を変えるだけで〝痩せ効果〟が高まる!続けやすいダイエットウォーキング法 のメイン画像

01歩く前に少しだけ体を冷やす

寒い環境で運動すると、体が体温を上げようと活性化し、より脂肪が燃えやすくなります。暑い季節は首筋や肩甲骨に保冷剤を当てたり、手に握って、体を適度に冷やしてから歩くと効果的です」

02〝おへそと背中をくっつける〟イメージで姿勢を正す

「歩行中はおへそと背中をくっつけるようイメージして背筋を伸ばすと、全身の筋肉が上手く稼働して代謝が上がりやすくなります。足からではなく、腰から前に出るような気持ちで歩くと◎」

03腕は後ろに振り、早く歩いてカロリーを大量消費!

30分間、普通の速度で歩くと消費エネルギーは80kcalですが、大股で早歩きすると130kcalにUP。軽くひじを曲げて腕を後ろに振るのも大事で、上半身の筋肉が刺激されてヤセやすい体になります」

正しいウォーキング方法でヤセ効果UP

簡単にできるウォーキング法なので、歩くときにはぜひ取り入れてみて!毎日の通勤やお買い物など、日常生活のちょっとしたウォーキングでもヤセ効果を最大限に。

教えてくださったのは和田清香さん

Profile
ダイエットエキスパート。350種類以上ものダイエットを試して15kgの減量に成功した経験や、栄養学・健康促進コンサルなどの知識をもとに、信頼できるダイエット法を提供。『週1回×5分でやせ体質に変わる「FAT5」ダイエット』(宝島社刊)など著書多数。

撮影/石澤義人 取材・一部文/飯田有希菜

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事