andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
メイク直しは〝やり方次第〟で変わる!ベースメイク崩れのお直し、みんなの質問9選 のメイン画像

01メイク直しはどのタイミングで行うのがベスト?

気になったときに行えばOK。しいて言えばランチ休憩とお手洗いに行ったとき」(ヘアメイクアップアーティスト・吉村純さん)

02メイク直し、時短で済ませたい!

スポンジでポンポン

何もついていないスポンジでポンポンと叩いて、崩れたメイクや油分を取れば一応キレイに」(ヘアメイクアップアーティスト・吉村純さん)

03メイク直しにはティッシュor脂とり紙、どっちがいいの?

ティッシュ

脂とり紙は皮脂をとりすぎる場合もあるので、余計にテカることも」(美容家/Riche主宰・石井美保さん、ヘアメイクアップアーティスト・吉村純さん)
「乾燥肌ならティッシュ。油分をとりすぎて肌がマットになると老けて見えることが」(モデル・渡辺知夏子さん)

オイリー肌なら脂とり紙もアリ

「オイリー肌の人は、余分な皮脂をしっかりオフするために、脂とり紙を使うのもアリだと思います」(モデル・渡辺知夏子さん) 

こんなのあるよ!

Check!〝獲れ高〟が自分だけに見えるあぶらとり紙

リンメル 魔法の超吸収あぶらとり紙 90枚¥370/リンメル リンメル 魔法の超吸収あぶらとり紙 90枚¥370/リンメル

肌に当てると、赤い面が黒く変化!汗や毛穴の奥の皮脂を〝超吸収〟でしっかりオフ。黒い面にはアブラは透けないので、自分だけに〝獲れ高〟 が見える!

04ティッシュ・脂とり紙はおさえるだけでいいの?ふき取るべき?

ふき取っちゃダメ!優しくおさえてください」(ヘアメイクアップアーティスト・吉村純さん)

Check!ゴシゴシすると肌を傷める原因にも

あわせて読みたい

関連記事