andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
やっぱりスゴい!お酢最強伝説。アラサー世代が注目すべき「酢」の効果効能7選 のメイン画像

Check!こんなにスゴイ、酢の種類と効果効能

酢には、バルサミコ酢や黒酢、米酢、穀物酢、白ワインビネガー、赤ワインビネガー、リンゴ酢など様々な種類があります。そんな様々な酢がもたらす効果は、様々な場所で言われているように、とにかく美容や健康に良いとするものが多いんです!

01内臓脂肪も皮下脂肪も減る!

女性でも気にされている方が多い、内臓脂肪や皮下脂肪。実は、酢酸の働きで脂肪の合成が抑制され、同時に燃焼が促されることで、内臓脂肪と皮下脂肪が減少することがわかっているんです。実際にミツカンの研究では、大さじ1の酢を入れたドリンクを1日1杯、約3カ月摂取した人が、内臓脂肪4.9%、体重1.6%、ウエスト1.5%、BMI1.5%も減少したことが判明しています!

02二日酔いを軽減してくれる!

お酒を飲みながら酢を使った料理を食べると、肝臓の代謝が高まって、アルコールの分解速度を高める効果が!でも、飲み過ぎはもちろん禁物。

03食べ物のエネルギー変換をスムーズに

味覚や嗅覚を刺激することで脳の中枢神経に働きかけ、便秘を解消して美肌になれる!唾液の分泌を高めて胃腸の働きを活発にし、消化力をアップ。ビタミンB群やタンパク質を組み合わせることで、さらにエネルギー代謝のよい体になれる。

04食後の血糖値の上昇をゆるやかに!

糖の吸収を穏やかにして、インシュリンの分泌を抑え、血糖値の上昇を緩和。食物繊維や、エネルギー代謝をよくするビタミンB群やポリフェノールと組み合わせると、糖の吸収抑制効果はさらに高まるそう!

05疲労やストレスから素早く回復

体のエネルギー源・グリコーゲンを補給するのは糖。その糖は、酢と一緒に摂ることでグリコーゲンの補給効率がUP!血行促進作用で、肩こりや眼精疲労も軽減。

06便秘を解消して美肌になれる!

消化液の分泌を促して腸を刺激し、蠕動運動を活発にして便秘を解消してくれます。肌の新陳代謝も高まるし、また酢酸がビタミンCの破壊を抑えるので、美白にも効果的なんです!

07血圧の降下作用がある!

外食の多いアラサーは高血圧予備軍とも言われてます! 酢は血圧上昇に関わるホルモン調節機構、レニン・アンジオテンシン系を抑制するのでアラサーの今から摂取して。

酢の種類はいろいろ!成分や味にも特徴あり

アルコールを発酵させて造られる酢。原料や製造法によって含まれる成分が少しずつ違い、味や香りに差があるんです。

穀物酢

酢の効果を最も手軽に取り入れられる!たくさん使うときに◎
最も一般的でリーズナブル。大麦や小麦、米、トウモロコシなどが原料で、軽くてさっぱりとした酸味。果実酢を作るときなど大量に使う際や加熱調理向き。

米酢

美容に欠かせない成分も含まれる♪穏やかな酸味が特徴
精米した米が原料。米のみで作られたものは純米酢。穀物酢と比べて、アミノ酸がやや多く、ビタミン、ミネラルなども含みます。酸味がまろやかなので、酢飯に最適。

黒酢

サプリメントにもなる最強の酢!免疫力をUPさせてガン予防
主に玄米が原料。アミノ酸が豊富でうま味が強く、香りも深くて独特。ラットを使った実験では、黒酢のエキスが、ガン細胞の増殖を抑制することがわかったそう。

リンゴ酢

腸活にもおすすめ!ほんのり甘い香りで飲みやすさNo.1
リンゴを原料に醸造されたもの。リンゴ酢に含まれるリンゴポリフェノ ールには強い抗酸化作用が。また、食物繊維の一種であり腸内環境を整えるペクチンも豊富。

ワインビネガー

酸っぱいワイン〟の語源を持つ、フランスでは一般的な酢
ブドウ果汁が原料。赤はやや重みのある風味、白はキリッと淡白な酸味が特徴。ブドウポリフェノールが豊富で、コレステロールの抑制にも効果的なんです。

バルサミコ酢

ワインに負けず劣らずの抗酸化作用でアンチエイジング!
ブドウ果汁を煮詰めて熟成。芳醇な香りとコク深い酸味が特徴。抗酸化力の高いポリフェノールの含有量は黒酢の3倍とも!シワ・シミ対策にもいいんです。

あわせて読みたい

関連記事